◇◆日銀総裁、弱いドルは<潜在的に>大きな懸念要因
日銀の福井総裁は、ここ二十年くらいの歴代総裁の中で一番まともだと思う。
ウォールストリートでも、金融を熟知しているという点で、ミスターフクイは信頼がある。

福井さんが仰るように<潜在的>には、弱過ぎるドルは懸念要因だろう。
しかし、ここのところの、ヒステリックな報道ぶりには違和感をおぼえる。

Excite エキサイト : 経済ニュース

>総裁「景気循環の観点からドルが下げなければならない理由はない」

仰る通り。だからドルの独歩安は、この後せいぜい二週間程度で終わるはずだ。

>総裁「米国は双子の赤字問題に取組むべきであって、「手っ取り早い解決策」のために、
 通貨調整に頼るべきでない」

ふ~ん。

アメリカの経常赤字を縮小するということは、アメリカの輸出が輸入を大きく上回るペースで
拡大するということだ。アメリカ以外の国が、アメリカの製品やサービスをいっそう受け入れる
一方で、対米輸出を減少していくということなのだが、どの国も輸出市場は失いたくないだろうに。世界は、アメリカにどうしろって言いたいのか? さっぱりわかりません。
[PR]
by leilan | 2004-11-22 14:16
<< ◇◆逆縁・・・わが子を失う哀しみ ◇◆俳句  木枯らしを往くぞジ... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧