◇◆温家宝首相、人民元問題で本音ポロリ
中国の温家宝首相は人民元相場の見直しについて、
「騒がしい時にはできない」と述べた。

これはまさに中国側の本音で、温家宝よく言ったなぁ、
と半分ビックリ、半分同情しちゃった。

ここんところ、人民元切り上げを期待する投機筋の過熱ぶり、
加えて、事のなりゆきに固唾を呑んでいる世界からの熱い視線に、

「ちっとは、ボクらのお家の事情もわかってよ~」
これが本音なんだね、きっと。
そう、国際政治は理解している。

けれども、投機筋には(期待したって、しょうがないんだけど)
人民元が中国共産党の政治通貨だという基本理解が欠如している。

人民元は日米欧の中央銀行や財務省がコントロールする通貨とはわけが違う。

日本軍の侵略に対抗し、
国民党との内戦を勝ち抜き、
中国を統一し混乱を収拾、
改革、開放路線を軌道に乗せてきた中国共産党の、
人民元は最大の経済手段であり、党栄光の象徴なんですね。

日米欧といった外部からの圧力で人民元を切り上げたり、
変動相場制に移行するなら、
外圧に屈した印象を中国国内に与えてしまい、
胡錦濤は中国の指導者としておそらく自殺行為になるんでしょう。

騒がないであげましょう。
人であれ国であれ、おつきあいってそういうもんですよ。

Excite エキサイト : 経済ニュース
[PR]
by leilan | 2004-11-29 07:15
<< ◇◆俳句  老ひの冬田園まさに... ◇◆京都、一休寺の紅葉 >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧