◇◆対中国ODAは、田中角栄の石油戦略だった
中国へのODAは、本来、中国の石油を獲得するために、
田中角栄が手がけた資源戦略がそのはじまりだった。

当初はそうした外交戦略をもっていたが、
ODAへの監視体制が弱まっていくなかで、
それは橋本派の闇資金ルートとなっていく。

中国側の窓口は鄧小平の子供たちだった。

Excite エキサイト : 国際ニュース

 小泉首相は中国への政府開発援助(ODA)について、
 「中国は目覚しい経済発展を遂げている。
 もう卒業の時期を迎えているのではないか」
 と述べ、打ち切りを検討する考えを表明した。

25年間も続けられてきた日本からの政府開発援助が、
中国人民にも徐々に知れ渡ってきたことが、
今回の背景には一つあるだろう。
それでも、日本からの援助を知らぬ中国人はまだまだ多い。
[PR]
by leilan | 2004-11-29 17:36
<< ◇◆それでも、ホー・チミンは偉... ◇◆群発自殺、ウェルテル現象を防ごう >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧