俳句  焼芋や手をぬくめゆく神楽坂
ネクタイの一瞬に抜く音冴ゆる

焼芋や手をぬくめゆく神楽坂

お七にもなれず米研ぐ寒夜かな


この世で一番はじめに覚えた漢字は<命の母>だった。

母が飲んでいたのか、あるいは祖母が飲んでいたのか、
もう記憶にないのだが、あのパッケージは妙に懐かしい。
そういえば、お姫様マークの中将湯というのもあった。

高校の同級生だったイメルダは更年期真っ盛りだ。
こういうものは多少の個人差があるようで、
わたしには未だ自覚症状がない。

少し老眼になったかなとは思うが、
老眼鏡がなくても字の読み書きに差し障りはない。
白髪も、髪を掻き分ければ7本くらいはあるだろうが、
今のところ、群生の兆しはない。

しかし、イメルダは、
子供産んでないからって、あんた、いつまでも若いと思うなよ、
来るよお、変わるわよー、タアーーーッとか言って、
いたいけなわたしを脅しまくる。

そう言われると、一瞬、ドヒャーと思うんですけど、
てやんでえ。

しかし、
わたしには女として欠落しているものがあるんじゃないか、
時にそんなことも思う。

二十代後半に差し掛かっていた頃、
女友だち四人で法師温泉に行ったことがある。
高峰三枝子と上原謙の国鉄フルムーンのCMで、
一躍全国的に知れ渡った温泉だが、
うちのジジババは昔からこの温泉を贔屓にしていた。

だから、CMに使われたあの湯は混浴で、
女専用風呂は八畳間くらいの小さい湯だということも、
ガキの頃から知っていた。

ところが、お風呂場に行ったら後の三人は、
キャッ! 混浴! ヤダーーー!

と大騒ぎするので、
コンタクトレンズはずしたら平気、平気よ、
なんてなだめすかした途端、

れい、あんた恥ずかしくないの!
なんて、食ってかかるのだ。

全然平気、べつにオッパイが三つついてるわけじゃないし、
あ、なんだったら、黒いマジックでパンツとブラジャー描いたら~

れい、
あんた、変、
絶対、変よ。
女として大事な何かが欠落してる!

と言われてしまった。

あれから二十年余り、
ずっと、この一言が心にひっかかっているのだ。
[PR]
by leilan | 2005-01-25 20:35
<< 俳句  鍋焼うどん氷点の日はな... 俳句  かけそばや駅から見ゆる冬の山 >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧