フレッド・コレマツ(86歳)死去 日系アメリカ人の岩窟王
b0048657_7574991.jpg戦時中多くの日系アメリカ人が、強制的に西海岸から立ち退かされ、全米の収容所へ送られたことはよく知られている。彼らの多くはアメリカ人でありながら、日系であるというだけの理由で、合衆国憲法の保障する居住の自由、人身拘束から自由を奪われたのである。

ほとんどの日系人は、命令に従い、秩序正しく黙々と西海岸を立ち去った。しかし、日系人であろうとアメリカ人はアメリカ人である。立ち退き命令は憲法違反であるとして、命令に従わず踏み止まり、逮捕され、収容所に送られ、起訴された日系アメリカ人がいた。それが、コレマツさんだった。

コレマツさんは連邦地裁で有罪判決を受けた後、連邦高裁から連邦最高裁まで上訴して戦ったが、勝つことはできなかった。最高裁の多数意見は、被告の合衆国に対する忠誠については、疑う余地がない。一人種グループの自由を制限するようなことは、軽々に行うべきではない。しかし、日本を敵とする戦争という非常時において、サボタージュと諜報活動の危険を信じ、連邦議会の追認のもと、退去命令を発した軍の判断は尊重されねばならないとして、コレマツさんの主張を退けた。

コレマツ 対 合衆国の事件は、人種を理由に合衆国市民の自由を奪う法律を合憲とした、最高裁唯一の判決として、歴史に残ったかにみえた。

しかし、岩窟王フレッド・コレマツは屈することなく、82年に再提訴。最高裁は「間違った情報やウソの証言に基づいていた」として、翌83年逆転勝訴したのであった。41年におよぶ長い長い戦いであった。

98年、当時のクリントン大統領は、大統領自由勲章を贈呈し、コレマツさんの苦闘に報いた。

強制収容という不幸なできごとの後、日系人はくじけることなく、時にアメリカ人よりアメリカ人らしくふるまい、今日の地位と名誉を獲得した。日系人はもっとも成功した移民例として賞賛され、これがネオ・リベラリストで構成されている極端な人権団体からは、逆に非難される始末だ。

アジア系移民に対して、日系人を見習え・・ということを言い過ぎたせいなのだが、日系移民は医学・法曹・教育界で目覚しい活躍をしている。

日系移民の往時のたたずまいを彷彿させる話なのだが、明治期に移民した人々はさとうきび畑で働き、爪に火をともすような暮らしの中から、子供たちに教育を受けさせ、米本土や日本の大学で学ばせたという。2世もそうした親の期待に応え、ハワイが州に昇格した原動力にはこうした日系1世と2世の活躍があったことはよく知られている。これはまさしく、働き者の日本人のDNAなのだ。円の力に頼ってワイキキで遊び、ビバリー・ヒルズでコンドミニアムを買いあさる日本人は、彼らの苦労を知らない。
b0048657_8514362.jpg
ところが中国人は対照的である。同時期に移民した華僑は、わが子を土地持ちのハワイアンと結婚させ、それによってハワイの一等地を押さえていった。いま、ワイキキのビルは中国系アメリカ人の所有が多く、コンドミニアムやホテルの土地もこうした華僑の末裔が握っている。ワイキキのロイヤルハワイアン・ショッピングセンターはハワイアンのカメハメハ財団の所有であるが、ハワイアン個人の土地はすべて華僑に取られてしまったわけである。

日系人でワイキキの一等地に土地を持つ人はいないが、前述のようにドクター・ロイヤー・プロフェッサーには圧倒的に日系人が多い。

コレマツさん死去の報道があった直後、日系3世の友人が「レイはミスター・コレマツを知っているか? 彼の裁判、ボクは支援していたんだ。コレマツはよく戦ったよ」としみじみ話していた。彼はブッシュと同世代。徴兵制の時代に青春期を送っている。ベトナムの最前線で戦ったひとりだった。

先日、私はアラモアナ公園で行われた反戦集会に参加した。というと、Leilanは左翼かと思われるかもしれない。私はレフト・ウイングでもライト・ウイングでもないが、Anti-Iraq Warの立場は明確である。
[PR]
by leilan | 2005-04-10 09:19 | 浮世草子
<< 俳句  目瞑れば祖国の桜あふれ出づ 俳句  花の闇よりストリッパー... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧