My Afternoon Tea

b0048657_108963.jpg若い頃は珈琲ばかり飲んでいて、30代になってからはもっぱら紅茶の日々だったが、日本茶も結構好きである。 番茶、ほうじ茶はもちろん、抹茶も好きだし、煎茶も好きだ。

いつだったか、茶せんを犬にかじられてしまい、どうしようかと思案した私は泡だて器でたてることを思いついた。我ながらいいアイデアだ、と思いつつガシャガシャやっていたら、運悪くそこに父が帰って来た。

父は少し困ったような顔をして「オマエ・・・侘びも寂びもあったもんじゃないな」と一言。できることなら父にだけは見られたくなかった。あの人の前では、理想の娘で いたかった。それが、いちばんの孝行だと信じている。

まあ、そんなことはどうでもいい。森茉莉が「貧乏サヴァラン」の中で、氷茶と書いているお茶の美味しさを皆さんはご存知だろうか。夏など、誰か訪ねてくるときにこのお茶を出すと株が上がること間違いなしである。

そこでこの煎茶の淹れ方のレシピをご紹介。
一人分だと煎茶を大さじ1、氷は水にして1/3カップ強が適量。急須に煎茶と氷を入れ、冷蔵庫の上段におく。氷がとけてお茶がおいしく出るのに5,6時間かかるので、来客があるときなどは逆算して冷蔵庫に入れること。こうするとびっくりするほど美味しいお茶が出来上がる。

皆さんもだまされた思って是非お試しを!

ハワイの夏、 氷茶を用意した日などは父が恋しくなる。いい歳こいて照れるが、父っ子なのだ。 うめぇな、おいしいわね、などと氷茶を飲みながら、父の昔話など聞きたい。

b0048657_1137563.jpg
[PR]
by leilan | 2005-04-25 01:06 | ハワイ身辺雑記
<< ワシントンポストが中国の歴史教... 俳句  夏みかん純愛うそをもて終る >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧