『Leilan's Bar』 ♪Moon Glow ~ Picnic ~ Kim Novak

b0048657_23493827.jpgキム・ノヴァクは私のあこがれだった。

おとなになったら、キム・ノヴァクのような女になりたいと夢見たものだったが、80年代の私は、まるで「めまい」のキム・ノヴァクのように髪を結い、原型のスーツ、7センチのハイヒール、ケリースタイルのバックと、流行とは関係なくたった一人で50年代を楽しんでいた。

キム・ノヴァクと言えば、ムーン・グロウのリズムに乗って踊る「ピクニック」の情熱。全篇ノーブラでむせ返るような女の色香を発散した「めまい」の官能美。金髪フェチのヒッチコックがいかにも好きなタイプである。

女であることを最大限に生かしたそのミステリアスな個性は、徹底したダイエットによって生み出されたという。

カンザス州のちいさな町でいちばんきれいな女の子というのが、名作「ピクニック」のキム・ノヴァクだった。そんな若い女性なのに、ひたむきなセクシーさがあって、とりわけ、湖畔のダンス。
b0048657_11444124.jpg
ウィリアム・ホールデンとキム・ノヴァク。じっと見つめあう二人の間にある距離。もどかしくも離れ過ぎていて、それはなんとも不安な距離。好きなのに言葉でうまく伝えられない若さゆえの不器用さ。何かが起こりそうなのに、無言のインターヴァルに観る者は一瞬息をひそめる。

そこに流れるムーン・グロウ♪

キム・ノヴァクが手のひらを上下に叩いてリズムを取りだす。このシーンがたまらない。ピクニックのどこがいいって、手を叩いて二人が近づいていくシーン。これに尽きる。


今宵あなたと☆
♪ムーン・グロウ / ベニー・グッドマン with ライオネル・ハンプトン




             Mysterious Kim Novak

b0048657_11475052.jpgb0048657_1151550.jpgb0048657_11534653.jpgb0048657_11561149.jpg


b0048657_1255569.jpgb0048657_1285820.jpg
 









Mysterious Violet Kim Novak


b0048657_12414955.jpgb0048657_12441275.jpgb0048657_1311017.jpgb0048657_132418.jpg


b0048657_12464882.jpg


b0048657_12505680.jpgb0048657_12594623.jpg
[PR]
by leilan | 2005-05-01 00:00 | Leilan's Bar
<< 『俳句』  髪洗ふをんなでなく... 『手を使おう』 crayon-... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧