『書棚』  定年ゴジラ / 重松清



定年ゴジラ

重松 清 / 講談社
スコア選択: ★★★★



開発から30年のニュータウン「くぬぎ台」で定年を迎えた4人組の仲間の定年後の生活を、哀感を込めて描いた物語である。

この仲間の一人藤田さんがこのニュータウン建設にたずさわったのであるが 、建設にあたって作ったニュータウンの模型が町内会館に保管されていることがわかり、それを物置からもってきて、ゴジラのように踏みつぶすことからこの物語は始まる。文中にこの題名に関連して次の言葉が象徴的である。「俺たちは定年ゴジラだ。ひたすらなにかを築けあげてきた俺たちが、今初めてそれを壊している」

あらすじは追わないことににするが、定年後のニュータウンの生活、共感できる行動、言葉に思わず肯いてしまう。曰く、悠々とはほど遠い「憂憂自適」とは、その気持がわかって、せつない。「濡れ落ち葉」という言葉も胸に響く。定年退職後、暇を持て余して、人恋しさに妻の出かける先に宛てもないのについていく。車のボンネットに貼りつく、濡れ落ち葉のように。「余生」という言葉も気にかかる。「余生って余った人生だぜ、・・ 俺達がいま生きているのは、自分の人生の 余った時間なんだよ。そんなの楽しいわけないよな」

話は家族のこと、町内のことなどで 、彼らは現役時代に考えられないことに遭遇するが、一つだけ内容に触れることにする。 この小説の主人公と言うべき山崎さんに中学校時代の級友で、あちこちで詐欺を働いているチュウが訪ねてくる。チュウは山崎さんに向かって言う。「ここはいい街だな」 「みんな勝っているだろうな」  「勝っているってなにがだ?」  「いろんなことだよ。だってそうだろう、負けたやつは最初からここに住めないし、途中負けたら出ていかなくちゃいけない。いい街だけど、つらい街だよな」  「別に勝負してるわけじゃないけどな」  「してるよ。自分でも知らないうちに勝負してるんだよ。それで、知らないうちに勝ちつづけてるんだ」

都会でのニュータウン生活者の意識を、著者はチュウを通して言わせている。頑張れなかった人や負けた人を許してくれない街がニュータウンであるというチュウの考えは、この小説のもう 一つの側面として考えさせられてしまった。


b0048657_13135992.jpg

   それにしても、重松清。

   私より少し若かったはずだ。
   この本を書いた頃はまだ、
   30代じゃなかったのか?



b0048657_13144172.jpg






                    

定年ゴジラたちに捧ぐ☆

♪South of the Border

[PR]
by leilan | 2005-05-08 12:16 | 書棚
<< 気ままにB級グルメ『布哇食堂』... 『俳句』  ジョッキ置く君白髭... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧