『俳句』  香水や恋の仇とすれ違ふ


b0048657_9515495.jpg

             香水や恋の仇とすれ違ふ  麗蘭




b0048657_7533339.jpg JEAN PATOU JOY

パリのクチュリエ、ジャン・パトゥが1930年発売した
香水の女王と賞される不朽の名香。



その香ぐわしさは中途半端な小娘ではおおよそ負けてしまう。
ジャンパトゥにふさわしい大人の女になるまで、娘たちはおあずけだ。
女の年輪をかさね、やがて絽の羅(うすもの)などゆるりと着こなした時、
名香の封印は優雅に解き放たれる。

三島由紀夫の『美徳のよろめき』のヒロインが愛用していた。

私の憧れの香水。



だった。

扇千景がジャンパトゥの香りをまき散らして、
1350 Ala Moana のエレベータに乗り込んで来るまでは.....。
見果てぬ女の夢が瞬く間に、費えた。

ダイナマイトのようなおばさんだった。


b0048657_9223560.jpgその扇千景がはじめて立候補したとき、
林寛子という本名で立候補した。

当時アイドル歌手だった
チャビー(スラングで小太り)な林寛子と
勘違いする人はいないのだろうかと
心配したものだ。




この選挙のとき、
私は東京一区の開票アルバイトをしたのだが、
そこで、この心配を上回る事実に遭遇した。

投票用紙に「八千草薫」と書いている人が何人かいたのだ。
扇千景のことだろうと思ったが、この投票はもちろん無効である。
ほかにも、横山フックと書いている人も多かった。
こちらは横山ノックの間違いである。
[PR]
by leilan | 2005-05-14 00:09 | 俳句
<< 『俳句』  はつ夏や岬の児らの... 『書棚』  あたく史外伝 / ... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧