『俳句』  夏服やイスタンブール経由パリ

♪Let's Fall in Love
b0048657_18223195.jpg


           夏服やイスタンブール経由パリ  麗蘭







今夜は懐かしい人に御目文字した。
7年前、イスタンブールでお世話になったクロードが、
ハワイに帰って来られたのだ。

クロードは外交官で、
当時はイスタンブールに赴任していた。

ヒルトンの紅花でディナーの後、
クロード、スティーブン、アンディと、
ダウンタウンのシガー・バーへ。

ジャック・ダニエルのロックで、
久々にハバナ産の高級葉巻を愉しんだ。
ジャズの Let's Fall in Love が流れて、
ダンスなども、ちょっといたした。

喘息持ちなのに葉巻!

・・なんてお叱りの電話くださらないでネ、麻里たん。



ところで、愛読している

にっけいしんぶんの「今日の愛ルケ」

「短夜」の章をまとめて読んだのだが......



     短夜 六

  冬香の躰はすべすべと心地よく、
  下腹にかすかに残る三人産んだ妊娠線も、
  成熟した女の証しである。

  白い柔肌を撫ぜながら、菊治の目的はただ一点、
  茂みの先の花蕊の入り口である。

  冬香は、菊治の顔がうずめようとすると股間を閉じて逃げるが、
  いまさらあきらめるわけもない。

  キャミソールだけで露出した茂みに迫り、
  入り口のふくらみを唇でおおい、花片を左右に開いて舌を忍ばせる。

   あっ・・・、とつぶやく冬香。

  茂みの先が鼻先に触れ、菊治は「ワカメ酒」という言葉を思い出す。

  好色な粋人が考えたのか、女の股間に酒を垂らし、
  若布のように茂みが揺れるところを
  男が額ずいて酒を吸っていくという、
  すべての男が、一度はと夢見ている美酒だ。

  股間の締りのいい女性は、一滴の酒も下にこぼさないというが、
  そんなことができるのか。

  しかし菊治が試みているのはもっと簡単である。
  ふつうに接吻して安心させてから、
  床のグラスからブランディを口に含み、
  花片を唇でおおって舌のあいだから、
  花蕊の入り口にブランディを落としていく。

  冬香は「なあに、なにしたの・・・」と叫ぶが、
  口と同様、愛しい秘所も火がついたようである。 (にっけいしんぶん)


って、菊治、おいたが過ぎます。

当方、ブランディを落としてもらったことはありませんけど、
いちおう48歳の女、
感覚でわかります。

ただれる!


  まず磯野ワカメをすすり短夜に  


なんて俳句、思わず作っちゃいましたョ。

冬香は、あれだな、


尼寺へゆけ!




■お口直しです■

b0048657_1813940.jpg鯵のうまい季節がやって来た。
と言っても、これは日本の話。

鯵と鰹と鮪は、
ハワイでは一年中獲れる。

脂が乗った鯵を酢で締めた
鯵寿しは好きでよく作る一品だ。
なんとなく、大船駅を思い出す。


時間がなければ、
きざみ葱ときざみ生姜を多めに混ぜ込んだたたきに、
粗塩をガリガリと混ぜ、
胡麻油をほんのひとたらしして混ぜ、
ごはんの上に乗っけて食べる。

これだけでもう、ごはん3杯はいける!

[PR]
by leilan | 2005-05-18 03:15 | 俳句
<< 新手ネット詐欺・ファーミング(... 『俳句』  夏の蝶三遊間にはさまれし >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧