『俳句』  椰子の葉のしづかなる影夕薄暑

♪Bewitched Bothered And Bewildered
b0048657_13183947.jpg

         椰子の葉のしづかなる影夕薄暑  麗蘭





b0048657_16204535.jpg今日の音楽はロッド・スチュアートだが、
ここ数年、カハラで、
彼の姿を何度か見かけた。
ロッドはいつもジョッギングをしていて、
あれほどセクシーな男は
めったにいるもんではないから、
ぼ~っとしている私でもすぐに気がついた。
別荘でもお持ちなのだろうか?


さて、たった50セントで映画が観られるシアターの話。

b0048657_18475568.gif



ホノルルの映画館は、夕方からの料金が大人8~9ドル、
昼間だと6~7ドルというのが料金の相場である。

ところが、ダウンタウンにあるワレス・シアターは、
午後3時半までに入れば一人なんと50セント。
日本円に換算すると90円足らずで映画が観られる。
(Wallace Theatres Program)

5時以降や週末は1人1ドルになるんですが、
それでも超お得に映画が観られるとあって、
夕方や週末には映画館の外に長~い列が出来るほどだ。

映画は新作の封切りから数週間は遅れるが、
でもたった1ヵ月待てば50セントで新作が観られる。

場所はアラモアナ・ブルヴァードのレストラン・ロウの中。
観光客の方々がワイキキ方面から行くとすれば、
19番か20番のバスが便利だ。

b0048657_18572312.jpg
ワレス・シアターは95年にこの場所でシアターを始めたが、その後、目と鼻の先に、16ものスクリーンを持つワード・エンターティメントやドール・シアターなど大手の競合映画館が完成。

ワレス・シアターが生き抜くためには,割引の映画館に切りかえるのが最後の道だった。
しかし、週末の行列を見ると、かなり繁盛している。

シアター内もかなりきれいで、椅子の横幅も前も広めにとってある。
ドリンク・ホルダーが付いているのもうれしい。
150人定員の小さな劇場だが、画面は横8メートル、高さ3メートル、
音響もなかなかのものだ。

平日の昼間は、アメリカのじじばばちゃんたちで大賑わい。
おばあちゃんがおじいちゃんの耳元で、
「彼は悪者よ!」「大変!!」「どうするの?」などと、まあイノセント。
まるで、おうちでテレビを見ているようにくつろいでいて、微笑ましい。

もし英語は全然だめ!と言う人でも、たったの50セント。
観光がてら、アメリカの映画館を体験する目的で行ってみるのもいい。

レストラン・ロウの中にはさまざまなレストランがあるが、
ルース・クリスというステーキ・ハウスはおすすめ。
ホノルルでいちばんおいしいステーキが食べられる。
お魚料理も実においしい。

日本の観光客はいないので日本語は通じないが、
旅行用の片言英語が出来れば大丈夫。

b0048657_1882343.jpg






Ruth's Chris Steak House
500 Ala Moana Blvd., Honolulu
Phone 808(599)3860


         
[PR]
by leilan | 2005-05-22 02:55 | 俳句
<< 『俳句』  六尺の白のまぶしき... 一度だけ本当の恋がありまして南... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧