『俳句』  白鷺のふたたび鳴かぬ夜の雨

♪Beyond The Sea
b0048657_1812346.jpg

            白鷺のふたたび鳴かぬ夜の雨

            無口なる男の夢や桐の花

            夏灯しよき襟足をもてるひと 

            逝くひとにしづかなる雨桐の花

            水鶏啼きひとすぢ夜気の崩れけり

            街薄暑涙こぼるるまま歩く

            てのひらに風のかたみの夏の砂

            人の死にささやくばかり皐月波

            万緑の中風のゆく全休符

            遠き喪にさつきは花を落としけり





           
[PR]
by leilan | 2005-06-01 15:01 | 俳句
<< フランス・EU憲法を国民投票で... よくわかんないエナジー(Ene... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧