『俳句』  君恋へば天に涼しき白鳥座

♪東京キッド
b0048657_9402433.jpg

           君恋へば天に涼しき白鳥座  麗蘭





手を振る女

b0048657_619515.jpg学生時代、よく教授に当てられてた。
その理由を訊いたら
「なんか、答えてくれそうな顔してるんだよ」
って言われた。
要は、
「ノーといえない女」
ってことか。


そのせいか、道を歩いていても、当たり前に声をかけられる。
ワイキキではほとんど毎日道案内、これはまだしも、
日本に帰ると、宗教の勧誘やら、
キャッチセールス、アンケートにご協力、
手相の勉強をしてるんですけどぉ、などなど。

どうもいいカモに見えるらしい。

ずいぶん前、九段近辺を弟と歩いてた。
まあ例のごとく、どーでもいいバカ話をしながら・・・。
あの界隈、皇居があるから観光バスが多い。

そしたら、そばを通り過ぎた観光バスを見て、
弟がいきなり笑い出した。

「何? どうしたの?」
「今のバスの窓見た?」

聞けば、バスに乗ったじーさんばーさんたち数名、
何故か窓から手を振っていたとのこと。

「うちらとカンケーないんじゃない?」
「だって、他に人いないじゃん。おねえちゃん見て手振ってたよー」
「何で私なわけ?」
「おれ、今まで、そんな目にあったことないもん」

なんか、失礼な言い草。

見れば、バスは少し前で信号待ちしてる。
なんかやだなあ、あのそば通るの。
そうこうしてるうちに、バスのすぐそばまで来ちゃった。
弟は、面白がってせっついてくる。

「ほら、どうする?」
「どうするって何が?」
「手ぇ振ってあげないの?」

ちらとバスの窓に目をやったら、弟が言ってた通り。
こっち見て、にこやかに手を振ってる。

仕方なく手を振り返したら、じじばば、大喜び。
弟、大爆笑。
つうか、お前も、手ぇ振れよ! 

でもね、安心するのはまだ早かった。
信号が変わったら、また後ろからさっきのバスが追って来た。
はいはい、やります、やりますよ。大サービスだかんな。
バスがうちらを追い越す瞬間、
スマイルもつけて、さっきより派手に手ぇ振ってやった。
バスの中の満足そうな顔。

で、さっき、
ワイキキを歩いていたら、
トロリーバスに乗ってた女の子3人に手を振られた。
自分でもわからないのだが、こんなのが四六時中ある。
まっ、私も慣れたもんで、
ハァ~イってな感じで手を振り返した。



Yasukuni Issue

b0048657_623051.jpgさっき、このブログを見て「はて?」と思ったことがある。最近のトラックバックの欄に、

  「未来に続く靖国問題 from ◆木偶の妄言◆」

私、靖国関連からトラックバックされるようなもの書いたっけ? 
と思いつつ、

その先をたどれば、これが俳句だった。

  九段ゆく母よ昭和の日傘して

論議は大いに結構。
しかし、ジャーナリストの書くブログに気になる点がある。
靖国論議を一段高い視点からの考察のよう表現し、
結論を押しつける方向へそれとなく誘導するエントリを見かける。
まあ、この問題に関していえば、すでに新聞がそうした論調だ。

例えば、中国等からの圧力ではなく、
感情論を抑制し国内問題・日本の進路問題として論議すべきであり、
日本の価値感を統一し結論を出すことが必要であるみたいなきめつけ。
その中身は反感が出ないように工夫されている。

この考え方は、まさしく全体主義だ。
歴史観や死生観が違えば、靖国への思いは違って当然だ。
違うということが、むしろ健全なのだろうと思う。

私の俳句へトラックバックされた方には、
私の思いなどわからないだろうし、
それを話してみたところでどうなるものでもない。

[PR]
by leilan | 2005-06-20 00:00 | 俳句
<< ヨイトマケの唄 おまじない >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧