『俳句』  背ナの子の瞳に合歓の花ひらく

b0048657_16405775.jpg

            背ナの子の瞳に合歓の花ひらく  麗蘭





昔から、実家の庭には合歓の木があった。
合歓の花は、梅雨があがると、
夕暮れの薄明かりの中で、
細い糸を無数に集めたような淡紅色の美しい花をひらく。
葉は多数の小葉からなる羽状複葉で、日暮れには閉じる。

幼い頃、わが家には大叔父が同居していた。
祖父は男ばかり四人兄弟の長男で、大叔父は三男坊。
この男、生涯妻帯することがなかった。
要は、遊び人だったらしい(笑)

葭町の芸者とねんごろだったとか、
そっち方面の逸話には事欠かない大叔父だったが、
私が幼い頃には、すっかり年貢を納めていた。

ジイジイと呼んでいた大叔父は、
夕涼みがてら、私をおんぶしてよく近所を散歩した。
合歓の花というと、ジイジイの背中を思い出す。

ある日、
ジイジイがポストに手紙を投函した。

「誰にお手紙出すの?」
「ジイジイの友達の八木さんに出すんだよ」
「エッ! 食べられちゃうよ」
「どうして?」

いきなり私は、

♪白ヤギさんからお手紙ついた
黒ヤギさんたら読まずに食べた

と、歌いはじめたそうだ。
どうも、八木さんを山羊さんだと思い込んだらしい。

当の八木さんが、この話をおもしろがられ、
勤務されていた海運会社の社内報に書かれたものが、
今も私の手元にある。

ケネディがダラスで銃弾に倒れたその日、
ジイジイは亡くなった。
その生涯、どうもお酒を飲み過ぎたのだろう。
肝硬変だった。



また、ぼちぼちと書き進めてまいります。
どうぞよろしく。
[PR]
by leilan | 2005-08-02 16:44 | 俳句
<< Saudi Arabia... 中国人民元のバスケット制移行 >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧