FOMC声明ーFF金利の誘導目標は3.5%

いつもの備忘録ですので、興味のない方はスキップを。

FOMC声明の言っていることは、
要するに「まだ少なくとも一回は利上げを継続する」ということ。
その利上げはおそらく次回のFOMCである9月20日になる可能性が強い。

太字は前回声明と変わったところ。

The Federal Open Market Committee decided today to raise its target for the federal funds rate by 25 basis points to 3-1/2 percent. The Committee believes that, even after this action, the stance of monetary policy remains accommodative and, coupled with robust underlying growth in productivity, is providing ongoing support to economic activity. Aggregate spending, despite high energy prices, appears to have strengthened since late winter, and labor market conditions continue to improve gradually. Core inflation has been relatively low in recent months and longer-term inflation expectations remain well contained, but pressures on inflation have stayed elevated.

The Committee perceives that, with appropriate monetary policy action, the upside and downside risks to the attainment of both sustainable growth and price stability should be kept roughly equal. With underlying inflation expected to be contained, the Committee believes that policy accommodation can be removed at a pace that is likely to be measured. Nonetheless, the Committee will respond to changes in economic prospects as needed to fulfill its obligation to maintain priceO stability.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Alan Greenspan, Chairman; Timothy F. Geithner, Vice Chairman; Susan S. Bies; Roger W. Ferguson, Jr.; Richard W. Fisher; Donald L. Kohn; Michael H. Moskow; Mark W. Olson; Anthony M. Santomero; and Gary H. Stern.

In a related action, the Board of Governors unanimously approved a 25-basis-point increase in the discount rate to 4-1/2 percent. In taking this action, the Board approved the requests submitted by the Boards of Directors of the Federal Reserve Banks of Boston, New York, Philadelphia, Cleveland, Richmond, Atlanta, Chicago, St. Louis, Minneapolis, Kansas City, Dallas, and San Francisco.


太くした部分が前回どういう表現になっていたかというと、以下の通り。

Although energy prices have risen further, the expansion remains firm and labor market conditions continue to improve gradually. Pressures on inflation have stayed elevated, but longer-term inflation expectations remain well contained.


読み比べると直ぐに分かるのは、
今回の声明の方が第二パラグラフの終わりの文章を
「pressures on inflation have stayed elevated」にするなどして、
インフレ警戒姿勢を若干でも強めている。
だからこれは、次回の9月20日直前の米経済情勢を見なければ、
また同日のFOMC声明を見ないと分からないが、
自然に考えれば、その次の11月1日、
その次の12月13日のFOMCでも利上げが続いてもおかしくない、
という見方が出来る。

今回3.5%になったFF金利の誘導目標は、年内にあと3回上がるとなると、
年末のレートは4.25%になる。
おそらくこれは、FRBが「中立」と考えているであろうレートに極めて近くなる。
かつ、今の5年債ノートの利回りである4.27%に極めて近く、
かつ10年債の利回り4.41%とそれほど遠くない。
長期金利が今からあまり上がらないとすれば、
米金利体系は極めてフラットに接近する

先日のウォール・ストリート・ジャーナルの記事が、
この問題を考える上で参考になる。
FRBは長期インフレ期待に関して、前回も今回も
「longer-term inflation expectations remain well contained」
と述べながら、足下のインフレ圧力に関する記述との順番を入れ替えた。
おそらくこの文章がなくなるときが、
FRBが「市場で長期金利が上がり始めてもおかしくない」と考えるときだろう。

この利上げを受けても、ニューヨークの株価は大幅に上げている。
利上げそのものが予想された範囲だったし、
今後上げのペースが上がるとは予想されない声明文だったからだ。
直近の雇用統計を見ても、その他の経済指標を見ても、
アメリカ経済はFOMCの声明文が
「Aggregate spending appears to have strengthed」
と言っている通り、極めて強いと言える。
[PR]
by leilan | 2005-08-10 10:00 | 浮世草子
<< 『俳句』  からす鳴く西瓜畑に悪太郎 『俳句』  枝豆を塩揉む乳房揺... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧