『俳句』  つり銭の落ちてころがる秋簾(すだれ)

b0048657_1854450.jpg

            つり銭の落ちてころがる秋簾  麗蘭
            児を売つてどこへ戻らう秋簾  麗蘭







出産直後に長男を亡くした両親が、
「帝王切開を強く希望したのに医師に拒まれ、
自己決定権が侵害された」として、
医師らに8千万円の損害賠償を求めた訴訟の件が、
先だっての朝日新聞に掲載されていた。

朝日は、
患者の自己決定権と医師の裁量をどう調和させるかについて、
最高裁がどんな規範を打ち出すか注目されると結んでいる。

この論点について少し疑問がある。

患者およびその家族にはそれなりの意思があるだろうし、
医師にも医師の経験と判断がある。
その二つの見解が食い違った時、対話がある。

それでも見解が食い違った場合、
患者と家族には医師を変える権利がある。
その権利こそが、自己決定権ではないのだろうか。
その権利を保持しながら相手と対話し、
自分でモノゴトを選択していく。
それが自分の人生を生きるということではなかろうか。

一審では、
「優越的立場にある医師に従わざるを得ない状況に至っていた」として、
医師側が敗訴。賠償責任を求められている。
逆子だから帝王切開、それで100%成功するとは言い切れないのに。

医者は患者の生命を預かっているから、
当然ながら常に最善の判断を行う努力は必要なのだが、
判断に関する責任論ばかりが過剰になると、
責任ゼロの立場に自分を置きたくなってしまうのではないか。

そうして何かを行う前から、
責任回避の策を講じることが重要視されてしまう。
こうした傾向は医療現場だけではなく、
至るところに見られる。
プロがプロとしての自負を放棄し、
ユーザー側に媚びて、
批判の矢面に立たない処世を身につけることに一生懸命になる。

プロは素人より高い確率で成功する知恵を持っていることは間違いないが、
100%ではない。
確率をさらに高いものにしていく努力はプロ側にも必要だが、
プロに仕事を委ねる我々にもできることだ。
自分が仕事を委託するプロの意見が正当なものかどうか、
他のプロにも意見を聞き、総合的に判断をすることなどによって。

他のプロの意見にも耳を傾けるという判断の幅は常に必要で、
その幅のなかでモノゴトを決定していくことが、
より間違いない判断に近づく道だろうと思う。
そして、その判断の幅が確保されているかぎり、
自己決定権は確保されているのではないかと私は思う。

10年以上前のことになるが、
私の大切な友人の一人が肺炎で亡くなった。
風邪をこじらせてから、わずか二週間ほどだった。

連日40度の熱が出ていたにも関わらず、
その旦那は風邪を甘く見て病院に連れていかなかった。
あまりにも長く高熱が続くので、
亡くなる5日ほど前になって初めて病院に連れていった。
その時、その病院は入院を勧めなかった。
ほとんど意識朦朧としていたのに、旦那は家に連れて帰ってきた。

その二日後、容態があまりにも悪いので、
旦那は別の病院に連れていった。
その時、
「高熱で脳と肺が冒されていてもう手遅れだ。
なんであと2,3日早く連れてこなかったのか」
と医師に責められた。
その場で緊急入院したが、
翌日から意識が混濁して、
その二日後には亡くなってしまった。
あっという間の出来事だった。

この豊かな時代に、
風邪をこじらせて死んでしまったのだ。
旦那は、女房が亡くなった後、
最初に連れて行った病院を訴えようとして準備を進めた。
プロなのに判断を間違ったということで・・・。

しかし、女房の容態の悪さは誰の目にも明らかで、
辺境の地ではなく、周りに病院もたくさんある東京で、
どうして40度の高熱が続いている女房を、
一週間以上も放置しておいたのか。
その自己責任は、どうなるのか。
病院を怨む気持ちは、
実は、自分を怨む気持ちにすぎない。
そういうことは、本人が一番よくわかっている。

自分の宿命は、
けっきょく自分で選び取って背負うしかない。
にもかかわらず、その自覚が知らず知らず弱くなって、
依存的になってしまっている。
その依存心が一番大事な局面で出てしまい、
自分の意思で行動できなくなる。
そして、自分の意思で行動しなかったことの責任を、
外部要因に求めるようになってしまう。
それを求めたところで気休めにしかならず、
また人生の別の局面で、
同じような意思決定の現場に立ち会わなければならなくなるのに。

昔は、農業であれ、漁業であれ、どんな仕事であれ、
この世には絶対的なものは何もないと知り尽くしていたから、
その限られた条件のなかで、
成功の確率を高める方法論を身につけようと各自が努力していた。

だから、いろいろなことに敏感になれたし、
想像力も発揮できた。
しかし、今は、ハウツーとかマニュアルとか、
誰かのお薦めとかお墨付きとかブランドとか、
予め決められた答えが与えられすぎていて、
自分の頭で考えて判断することが少なくなり、
危険なシグナルに対して鈍くなってしまった。 

今回のことは、
朝日新聞が書くような、
「患者の意思決定権と医師の裁量の調和と新たな規範づくり」
という新たな「答え」づくりの問題ではない。

情報の量だけはふんだんにあるこの時代に、
自分でモノゴトを選び取って判断していけるための知恵と方法を、
一人一人がどう身につけていくかの問題なのだ。
[PR]
by leilan | 2005-09-10 03:04 | 俳句
<< 『俳句』  春ひさぐ人に霧過ぐ... 『俳句』  石捨てて子供は帰へ... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧