『俳句』  空き瓶にコスモス細く無縁墓

b0048657_18254719.jpg

            空き瓶にコスモス細く無縁墓  麗蘭






「飯一念室妙觀信女」

その横には、天保4年(日にちは摩滅して不明)とある。

天保4年(1833年)といえば天保の飢饉がはじまった年だ。
この年から約5年間、
気候不順による慢性的な凶作が続いて、
全国的な大飢饉となったのである。

特にこの天保4年は大凶作だった。
この墓碑の年号は天保の飢饉のはじまりと一致している。

この写真は、
数年前に帰国した折に秋田県の乳頭温泉に出掛け、
その近在で写して来たものの一枚である。

お寺の和尚さんに聞くと、
墓碑の戒名はたまに本人の意向でつける場合があるが、
ほとんどはお寺でつけるそうである。

この「飯一念」とは、
「飯を食べたいと深く思う」という意味だろう。

想像するに、
この信女は飢餓に苦しみながら死んでいったのであろう。
哀れに思った和尚がこのような戒名をつくり弔ったのではないか。

草葉の陰にひっそりと忘れられた墓碑にも、
歴史の事実が刻まれている。

しばし頭を垂れ、その墓碑の前にたたずんだ。

その隣には、
「無学妙為信女」
寛政八辰年十一月十四日の墓碑があった。

これは「無学であるがすぐれたことをなす」という意味であろう。
[PR]
by leilan | 2005-10-02 23:18 | 俳句
<< 気ままにB級グルメ『布哇食堂』... 『俳句』  酔芙蓉夢見る頃のと... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧