『俳句』  夜半の秋たぬき寝入りで待ってゐる

b0048657_5244934.jpg

         夜半の秋たぬき寝入りで待ってゐる  麗蘭





テレビで東京オリンピックの昔の映像とか流れると、
そこに集まっている日本人の顔が昔の顔をしている。
今の日本人の顔と違って、頬骨が高くって、
ああ、昔の日本人の顔だなとしみじみ思う。

それが夏なんかだと、
男は白いホンコン・シャツで、
野球場の映像なんか真っ白になっている。

野球選手だって、
イチローみたいな顔した選手はいなかった。
その点、ゴジラ松井は最後に残った木造家屋だ。

体型も然り。
普通のパパママから
すんごくスタイルのいい子が、がんがん生まれている。
なんでああなっちゃうんだろう。

しかし、顔つきや体型よりも
実は精神構造のほうが変化は大きいと思う。

私のように「てなもんや三度笠」見て育ったのと、
コンピューターグラフィックスを見て育つのとでは、
これはもう全然違うだろう。

懐かしのテレビ番組みたいなもんの中に、
きっと、懐かしのファミコンというのが入っているんでしょうね。

そんな中で、
この人が誰なんだか私にはまったく判らないのだが、
今どき珍しい昭和30年代の顔を見つけた。

b0048657_18105395.jpg











めし食って育ちました的な、
農村ガテン系のたたずまいだ。
これぞ現代の "ホヤ" ではないか。

この写真集が二丁目のゲイたちにひっぱりだこらしいのだが、
ホモセクシュアルって、こういうのが好きなのか?
てっきり、沖雅也系 "トリュフ" が好きなんだとばっかり思ってた。

私は "ホヤ好み" なので、
美形の役者系には感じない。
むしろ、アンバランスにセックス・アピールを感じる。
どこか欠点のある方が断然魅力的だ。

お財布なんかもたないで、
ポケットにそのままお札入れて、
駅のベンチでスポーツ新聞読んでるような男がいい。
そのお顔がガテン系なら、なおさら惹かれる。
48歳、ちょっと毒茸だけど、嫁にもらってほすい。



b0048657_19153467.jpg
[PR]
by leilan | 2005-10-04 23:59 | 俳句
<< 『俳句』  木犀の香の域にゐて子守唄 『俳句』  菊日和とこやの看板... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧