『俳句』  ジュリー・アンドリュース振り向く花野かな

b0048657_1311895.jpg

         ジュリー・アンドリュース振り向く花野かな  麗蘭





エジプトやサウジアラビア、イラクなど中東諸国でこの4日から、
イスラム教で最も神聖な月、ラマダン(断食月)が始まった。

期間は約4週間で、
イスラム教徒は夜明けから日没まで一切の飲食や喫煙などが禁止される。

ラマダンは、太陰暦であるイスラム暦9番目の月の名前。

このラマダン、
はじまりのころはみんなキゲンが悪い(笑)

ラマダン期間中はまだ太陽が出ていないうちに
無理やり起きて朝ごはんを食べるから、寝不足もひどい。

って一緒につきあって断食やってるわけじゃないんですけど、
周囲に何人かムスリムがいて、
ラマダン期間中は、仕事でも勘違いが多いんですと。



b0048657_2028877.jpgホノルルのダイエーに「魚肉ソーセージ」が売っている。
わざわざ日本から輸入してまで食べたがる日本人がいるんだろうな、とずっと思っていたが、今日、それを買い求めている中年日本人男性がいて、よく見れば、それは知り合いのジャイアント馬の助だった(笑)

私らの世代は、魚肉ソーセージで育った。
ソーセージは魚肉と信じていた。

鉛状のかみつぶしで両側を縛って、
ビニールでパンパンに詰った、あの桃色の魚肉!

フライパンでソテーして、そこにお醤油をたらり、
あつあつご飯の子供用おかずであった。

団塊ぶらさがり世代のジャイアント馬の助は、
長じてからも、魚肉ソーセージ命で、
ビールに欠かせない必須アイテムらしい。

「れいちゃんよー、
空きっ腹の夕刻にだなぁ、
この鉛状のかみつぶしを犬歯でガキッと噛み破って、
ビニールの縫い目に沿ってにょろんとむいて、
全長の三分の一、かぶりつく。
四口ほど噛んで、
おお、食い物だ!
と認識した直後に冷えたビールをゴボッと流し込む。
鱈の生臭味とホップのチクチクがせめぎあって、
鼻にカッと抜ける。
嗚呼、夕間暮れの愉悦!
おめえもダマサレタと思ってやってみろ」

馬の助らしいコメントだった。
[PR]
by leilan | 2005-10-12 23:02 | 俳句
<< 『俳句』  落穂拾ひ背ナに夕日... 『俳句』  寝とぼけの犬の鼻さ... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧