『俳句』  秋の風観音さまのおみあしに

b0048657_16105610.jpg

            秋の風観音さまのおみあしに  麗蘭




     宇宙旅行:夢が現実味、気になるお値段は?

 夢の宇宙旅行が現実味を帯びてきた。今月に入って旅行業大手のJTBが月旅行を含む宇宙旅行の販売を開始。ライブドアの堀江貴文社長もこの分野への参入を表明した。気になるお値段は?【永山悦子】

 「いよいよあなたが宇宙の旅人になる」。高度100キロを超える宇宙の入り口を体験する弾道飛行が1100万円、国際宇宙ステーション滞在22億円、月旅行110億円。3日に販売を始めたJTBの宇宙旅行のパンフレットを手にすると、値段を除けば明日にも宇宙へ旅立てそうだ。

 「宇宙旅行は誰もがあこがれる夢。旅行会社は夢を売る商売。安全で実績のある商品であれば、ぜひ紹介したいと考えていた」と同社の清水慎一常務は話す。同社は、米国の宇宙旅行会社、スペース・アドベンチャーズ社の商品の日本での独占販売権を獲得した。
                                 毎日新聞より転載


月の裏側まで回って110億円、
宇宙ステーションご休憩で22億円、
ビリオネラーの爺なんかたぶらかして、
後妻の座でも掴まない限り、
どうせ行けっこないから、
いくらでもいいようなものだけれど、
この宇宙旅行の売出しには一つ、
肝心の目玉パッケージが抜けている。

それは・・・

あの宇宙の大空間に、
一人ぽっかりと浮かんでみたい。

・・・これはいつごろ、いくらで実現できるようになりますかね。

どんな気分のものなんだろう。

1961年4月12日、
A-1ロケットによって地球の大気圏外を1時間50分弱で1周し、
人類初の無重力宇宙空間を経験したソ連のガガーリンは、
「地球は青かった」
と、その感動を表現したが、
宇宙でぽっかりは体験されていない。

ディスカバリー号の船外ミッションで、
これを本当に体験した野口飛行士によれば、
まさしく "自分が星になった気分" だったという。

なるほど、
人間が天に昇って星になるとか、
人類が昔から語り伝えて来た「星の神話」が
今によみがえった感じだ。

ギリシャ神話の詩人・オルフィウスは、
毒蛇に咬まれて死んだ妻が忘れられず、
冥府まで降りて行く。

冥府の王・ハディスの前で、
妻への愛を琴にあわせて歌い、
妻を地上に連れ帰ることを許されるが、
その途上、後ろからついて来る妻を見てはならぬ、
と約束させられる。

ところが、オルフィウスはその約束が守れず、
振り返ったために、
身を引き裂かれ、死んでしまった。

それを哀れんだ神々は、
その竪琴を空に引き上げて「琴座」とした。

子供のころの私たちは、
こうしたギリシャ神話とともに、
次のような科学的知識も知った。

琴座の中で輝く超一等の明星 "ベーガ" は、
1万2千年後に北極星たるべき光栄を担っている。
距離は27光年。

この星は、今から1万3千年前に北極星であったが、
今後またそんなことが、
1万2千数百年後に巡りあわせてくるだろう。
こんな明るい星を北極星にもつ時代は、
どんなに感激的なことだろう。
b0048657_19164495.jpg

急にプラネタリウムに行きたくなった。
5年前にハワイ島のすばる天文台に行って以来、
ずいぶん行っていない。

子供の頃は、
いとこの逸郎兄さんがよく五島プラネタリウムに連れて行ってくれた。

「れいちゃん、もう少し大きくなったら、
ここにボーイフレンドと来たらいい」

と、逸郎さんは言っていたけれど、
男と行ったのは、
ジャリの弟を何度か連れて行ったぐらい。

渋谷にはパルコが出来たばかり、
東急ハンズも109もなかった頃で、
道玄坂には恋文横丁が健在だった。


   生国(しょうごく)は水の地球や浜千鳥

   大空をあけて待ちたる星月夜
[PR]
by leilan | 2005-10-18 19:11 | 俳句
<< 『俳句』  近づいてくる猫のこ... 『俳句』  うそ寒し恋人爪を深く剪り >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30