『俳句』  夜寒さの猫語を聞いてやりにけり

b0048657_2029533.jpg

          夜寒さの猫語を聞いてやりにけり  麗蘭






鏡を見ながら剃刀でうぶ毛をあたっていると、
いつも思い出す文章がある。

絶対にすべり込みをしない代走選手の逸話を書いたものだったが、

「プロ野球選手は、
髭に白いものがまじりはじめると、一日に二度髭を剃る」

という一文。

それは、記者に気づかれないようにするためなのだが、
不思議と私の心に残ったものらしい。

毎日いやというほどいろいろな文章を読むが、
そのほとんどは忘れてしまう。

初めて読む本だと思い込んで、
読んでしまってから、
これは以前に読んだと、気がつくこともあるくらいだ。

その愚を重ねないために、
弟はうちの書庫にある本の目録を作って、
コンピュータに入れた。

同じ親から生まれて来たのに、
どうしてこうも違うんだろうと思うが、
アレは昔から整理整頓のいい子だった。

私もゴチャゴチャしたのは嫌いなので、
何でも抽斗に仕舞い込んで、
そこから先が、もう覚束ないのだ。
買い置きのお砂糖があるのに、また買ってきたりする。

弟は、コレクションというものが出来るタチだが、
ねーちゃんの特技は散逸だ。

「れいちゃん、本日のあれが無い」
というコーナーを作ったら、ネタに事欠かないですぅ。

なのに、超おとぼけ丸の私が、
そんなつまらないディテールまで覚えているのは、なぜだろう?

ひとつ思い当たるのは、
それまでは忘れているのに、
うぶ毛を剃りはじめると思い出すということだ。

繰り返される身体の動きが、
ひきがねになっているのかもしれない。

48歳。
裸になると、身体全体のたるみは目を覆うばかりで、
ン十万もする補正下着を買ってしまうオバタリアンの憂いが、
だんだんと判るようにもなってきたが、
幸いなことに、白髪前線はまだ訪れていない。

白髪になったら、長い髪はバッサリ剪って、
おばちゃんパンチパーマにでもすっか。
障子の影は、まるで鬼よね(笑)



b0048657_6563128.jpg



閑話休題。


「イスラムとは何か?」
「特に、その過激派は何を考えているのか?」

といった問題を真剣に考えないといけない時期ですかね。
どうも、イラクでの犯行だけではなくなってきた。

ニューデリーでの爆弾テロ(3回の爆発だという)、
インドネシアでのキリスト教系高校に通う女子生徒3人の惨殺、
そしてイラン大統領のイスラエル抹消発言まで。

最近世界で起きているかなりの部分は、
「イスラム、またはその過激派絡み」となっている。

大部分のイスラム教徒が平和愛好であり、
「立派な宗教だ」という意見が多いのは知っているが、
これだけ続くと「教」として今の時代に何か大きな異論があり、
それを背景に現実の世界に刃を向けている気もする。

私自身は今のところイスラムに関する深い知識もないので、
勉強しなければと思っているのですが、
多数の人を殺したり、
「国の抹消」を言い出すことが良いはずがない。

はずがないのに、どうしてそういう発言が出てくるのか、
そして、行為が実際に行われるのか。

イスラム過激派の犯行か=【ニューデリー29日共同】インドの首都ニューデリーの中心部などにある市場など3カ所で29日午後5時40分(日本時間同9時10分)ごろ、ヒンズー教の大きな祭りを控え混雑する中で、ほぼ同時に爆弾を使ったとみられるテロがあった。PTI通信によると、50人が死亡、少なくとも70人が病院に搬送された。死者はさらに増える恐れがある。ニューデリーの日本大使館によると、同日夜の段階で日本人が被害に遭ったとの情報はない。

ロイター通信によると、インドのシン首相はテロと断定した。治安当局は、ラシュカレトイバなどカシミールの分離独立を求めパキスタンなどを拠点に活動するイスラム過激派の犯行の可能性があるとみて捜査を開始。昨年来、対話路線が定着しつつあった両国関係に悪影響を与えることは確実だ。

過激派か、女子高生3人を惨殺 インドネシア
=インドネシア東部スラウェシ島の中部ポソで29日朝、キリスト教会付属の高校に登校途中の女子生徒が何者かに襲われ、15歳の生徒3人が首を切断され殺害された。警察によると、うち1人の頭部は教会の前に置かれていた。ほかに、1人が重傷を負った。

犯行の動機は不明だが、同島中部でくすぶる宗教抗争をあおる狙いでイスラム過激派などが実行したとの見方が強い。ユドヨノ大統領は記者会見し「野蛮な行為を非難する。抗争が続くよう望む勢力がある」と述べた。

イラン大統領に非難集中 イスラエル抹消発言
=イランのアハマディネジャド大統領が最近「イスラエルは地図上から抹消されなければならない」と言明、これに対しイスラエル、米国はもちろん、原発支援などでイランと友好関係にあるロシアからも批判の声が上がるなど、発言が国際社会に波紋を広げている。

イラン核問題の国連安全保障理事会付託をめぐり、欧米の圧力が一層強まるのは必至。11月の国際原子力機関(IAEA)理事会を前に、イランに対し国際社会からの非難が一段と集中しそうだ。

「シオニズムなき世界」と題しテヘランで開かれた26日の反イスラエル集会。大統領は数千人の学生を前に「イスラエル抹消」を主張したほか、イスラエルを承認したイスラム諸国の指導者は「イスラム世界の降伏と敗北を認めている」などと怪気炎を上げた。


インドのテロは、
このところ高値修正気味のインドの株を、
押し下げる要因になると思われる。

週末のSENSEXは引値で7685で、
これは私の記憶では、
最近の高値から1000ポイント前後下げている。

まあもっとも、その前の上げが急激だったから、
当然の修正という印象もする。
[PR]
by leilan | 2005-10-30 06:43 | 俳句
<< 気ままにB級グルメ『布哇食堂』... 『俳句』  秋深し首を廻せば骨の音 >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧