『秀句鑑賞』  冬蜂の死にどころなく歩きけり
 
 冬蜂の死にどころなく歩きけり  村上鬼城


     
「死」という語が出ているが、
まだ「死」に至ったわけではない。
それどころか必死に「生」をかかえて生きているのだ。

冬蜂はそのまま鬼城自身なのだろう。
そしてさらに言えば、鬼城はまたそのまま私たちでもあるのだ。

(冬蜂・冬)
[PR]
by leilan | 2005-11-09 20:33 | 秀句鑑賞
<< 『俳句』  友嫁ぐ朝の水鳥乱舞して 『俳句』  大根引あいま妹(い... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧