『秀句鑑賞』  少女いつか産まねばならず寒木瓜抱く

 少女いつか産まねばならず寒木瓜抱く  毬原れい


くったくない子供。
いつも母といっしょに、どこまでもくっついてくる。
元気のいい、男の子のような娘だが、
この子もいつか結婚して、
子供の親となる日がくるのであろうか。

目の前で寒木瓜を抱いている姿を見ると、
やっぱり女だな、と思う。

「いつか産まねばならず」というところに、
女の性(さが)がある。

赤い寒木瓜がいい。

(寒木瓜・冬)
[PR]
by leilan | 2005-11-16 18:30 | 秀句鑑賞
<< 『俳句』  月冴ゆる手鏡ほどの忘れ潮 『俳句』  御降嫁の朝水仙のよく匂ふ >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧