『秀句鑑賞』  
 
 死後も月はある筈雪を見てゐたり  永田耕一郎


雪が降っている。

これを見ているのは、生きて目を見開いているからだ。
が、死んだらこの雪を見られないのだろうか。

そんなはずはないだろう。
霊魂は生きているはずだから、
草場の陰から、雪を見ているはずだ。
そういうふうに、できることなら信じたい。

不思議な句であるが、
一気に読み下してみると、つい首を下ろしてしまいたくなる。

(雪・冬)
[PR]
by leilan | 2005-11-21 06:27 | 秀句鑑賞
<< 気ままにB級グルメ『布哇食堂』... 『俳句』  落葉村字日だまりの... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧