『俳句』  短日の暮れゆくままに三輪車

b0048657_17244326.jpg

            短日の暮れゆくままに三輪車  麗蘭






感謝祭以降、お外でディナーが続いている。

今夜は、リリー・アラモアナの離婚裁判・決起集会!
というのは冗談で、二日遅れの感謝祭ディナーだった。
例によってアマゾン和子らと、ルース・クリスへ。

シーザーサラダ、ガンボのスープ、フィレステーキ、ワイン赤1本。
ここのステーキはホノルルでいちばん美味しい。

マイケル・ジャクソンのユダヤ人差別発言や、
日本の姉歯問題などでひとしきり盛り上がった。

弁護士のアマゾン夫が、
日本のゼネコンのハワイ関係者に聞いたところによれば、
姉歯問題の原因の一つには、どうやら、
2004年のはじめから中国の影響で鉄筋が異常な高騰を続けたこと、
その間に、トン当たり3万円から6万円くらいになったという事情もあったようだ、
と話していた。

だからと言って、鉄筋を減らしていいということにはならない。
アマゾン夫が、被害者は資産保全の仮処分申請をすぐにすべきとも話していた。

今日は、酒の肴の珍味でも盛り上がった。
アマゾン和子が、

「ウワバミのれいさんのことだから、珍味にはさぞ詳しいでしょう。
からすみとか海鼠腸以外で何かご存知かしら?」

と言うので、

「エビオス!」

と応えたら、みんな絶句した。

「エビオスって、あなた、茶色い瓶に入ってるお薬のこと?」

そうそう、あのエビオス。
あれを十個ずつぐらい食べながら、ビールを飲むと最高!

考えてみたら、
エビオスはもともとビール酵母からできているので、
ビールとの相性がいいのはあったり前田のクラッカー。

頬張ったエビオスを噛んでいるうちに、
「乾燥納豆」みたいな、
なんともいえない臭みというか味わいが醸しだされてきて、
それが口いっぱいにひろがったあたりで、
ビールをごくごくっと飲むと、
皆さんも思わず、

「これは珍味だ!」

と叫ぶでしょう。
ビオフェルミンでもよいが、あれはちょっと甘いからなあ。

ひとつ、お試しあれ。
               

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


近頃、いちばんうれしかったこと。
それは、tamago さんが秀句を詠まれたことです。

  蔵王目がけ朝のくさめの二つ三つ  <たまご>

この「蔵王目がけ」が諧謔で、すばらしいのですね。
俳句をはじめられて、まだ一年にもならないのに大したものです。

これが、

  庭先で朝のくさめの二つ三つ

だったら、ただの月並み俳句で終わるところです。
それを、よくぞ、「蔵王目がけ」を持ってきたものだと感心しました。

この週末、
tamago さんから贈り物を頂戴したような思いでいました。



そんな週末だったのに、
本日の私は大きなチョンボをばしたでござりまする。
今夜8時から、バリーたちとホノルル・シンフォニーを聴きにゆく予定でした。
それを忘れて、ディナーに馳せ参じてしもーたとです。
ダブルブッキング! ボケ丸!

嗚呼、れいらん、老ひたり。


  放心といふたまゆらを小春風
 

*たまゆら=一瞬
[PR]
by leilan | 2005-11-27 20:29 | 俳句
<< 『秀句鑑賞』 『秀句鑑賞』  総立ちのバイア... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30