『秀句鑑賞』

 「The Long and Winding Road」 渋滞に時雨くる  正木ゆう子


初冬のにわか雨のことを時雨という。

車の運転席か、助手席か。
テールランプが連なっている。

雨が降り出した。
静寂にワイパーの音。

カチリとラジオのスイッチを入れると、
昔聴いたビートルズの曲。
ふっと、昔のことが心をよぎったかもしれない。
それが何なのかは図る由もないけれど。

曲は、
「The Long and Winding Road」

もしかしたら、今の状況を言い当てられたような気分になったのかも。

これからまた長い冬がくる。

(時雨・冬)
[PR]
by leilan | 2005-11-28 11:35 | 秀句鑑賞
<< 『俳句』  アフタヌーンティー... 『俳句』  短日の暮れゆくまま... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧