『俳句』  ラ・クンパルシータさらふ青年冬の雲

b0048657_12484898.jpg

          ラ・クンパルシータさらふ青年冬の雲  麗蘭





ネットを見て、今日一番気になったニュースは、
日経のサイトに載っていたものだった。

それは、日本の大方のマスコミが既定路線とし、
諸々推測している北朝鮮での金王朝の3代世襲が、
実は可能性が低いものであることを金正日本人が強く示唆した。

日本のマスコミによく取り上げられる、
北朝鮮の金第三世代への権力移譲。

実は、可能性が薄いというスタンスなんだな。

金正日の権力はその子供の世代に受け継がれるのが当たり前で、
問題はどの子(3人いる)に移されるかだ。

というのが日本のマスコミの常識。

しかし、そもそも金日成から金正日への権力移譲は、
金正日が有力な後継候補の中にあって、
金日成体制の強化を図る思想的支柱の構築に功績があり、
党や軍の中でもその実力を認められる存在になったからであったらしい。
「金日成の息子だから」という理由で後継者になったわけではない。

ということを、アメリカ国防総省のシンクタンク関係者から聞いたことがある。

つまり、今の金正日はその椅子をきちんと勝ち取っているというのである。

それから考えると今の金正日の息子達が、
父親の権力基盤の盤石化に何か寄与したという事実は全く伺えない。

とすれば、中国が反対し、
かつ息子の中に適任者がまだ現れていない今の状況では、
以下の日経のサイトに掲載されたような金正日の指令には、
それなりの理由があると考えるべきだろう。

北朝鮮の金総書記「3代世襲は国際社会の笑いもの」

3代世襲は国際社会の「笑い物」になる。

韓国の聯合ニュースは11日、
北朝鮮の金正日総書記が朝鮮労働党や軍の側近に最近、
後継者問題に一切言及しないよう指示したと報じた。

世襲統治が自分の息子まで続けば、
故金日成主席と自分のイメージを悪化させるというのが理由。
複数の北朝鮮消息筋の話として伝えた。

指示の徹底に向け、
北朝鮮では党・軍幹部や住民への厳重な取り締まりを実施中。
金総書記は違反者に最高終身刑までを下せと命じたという。

昨年死去したとされる高英姫夫人の偶像化教育の中断も命令した。
金総書記の部隊視察時に軍幹部らが、
高夫人やその息子の金正哲、正雲両氏と一緒に撮影した記念写真も、
すべて回収されたと伝えられている。

[PR]
by leilan | 2005-12-13 18:50 | 俳句
<< FOMC、0.25%の利上げを決定 『秀句鑑賞』 >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧