『秀句鑑賞』

 オリオンの盾新しき年に入る  橋本多佳子

 
オリオン座は代表的な冬の星座。
今の時期、夜、空高く光っているのですぐに見つけることができる。

しかし、掲句の季語は「新しき年」。つまり、新年である。

俳句を作ろうとする人が最初に面食らうのが、「新年」の季語の存在。
春・夏・秋・冬に加え、この時期だけに使う季語があり、
歳時記も5つ(春・夏・秋・冬・新年)の項目に分かれている。

だからといって季節が5つあるというわけではなく、
お正月がいかに日本人にとって大切な行事だったか、ということだ。

橋本多佳子は、新しい年になって、
オリオン座の盾も新しくなったかのようだ、という。
実際にはありえないことでも、こういう言い切りは俳句らしい。
俳句は断定の文学だといわれるゆえんでもある。

(新しき年・新年)
[PR]
by leilan | 2006-01-02 19:52 | 秀句鑑賞
<< 『俳句』  新春十句 どこまで... 『俳句』  新春十句 >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧