『秀句鑑賞』

 なんでこれしきのテレビと初泣きす  石川桂郎


お正月の季語には「初・・・」がたくさん登場する。

正月は何をするにも気持ちが新たになって爽やかだ。
でも、「初」のことだけに、納得のいかないことも多々ある。

初電話がガチャンと切れる間違い電話だったり、
初日記に訃報を記さなければならなかったり。

石川桂郎の初泣きはテレビ番組だった。
ぼんやり見ていたテレビ。
一大感動巨篇というわけでもないのに、
思わず泣いてしまう。

泣きながらも、
「ああ、なんでこれしきのことで初泣きしてるんだか・・・」
と納得いかない様子。

諧謔の一句。

(初泣き・新年)
[PR]
by leilan | 2006-01-06 18:47 | 秀句鑑賞
<< 『俳句』  新春十句  ・・・... 『俳句』  新春十句 どこまで... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧