『秀句鑑賞』

 顔上げよつららがつらら着る夜も  櫂未知子


つららがつららを着る。

一度あたたかい日差しで溶けかけたつららが、
また厳しい寒さで凍ってしまう。

厳しい状況が続いていながら、
そんな夜でさえも顔を上げよと櫂未知子はいう。

毅然とした作者の横顔が見えてくるようで、
なかなかこちらも気構えさせられる。

しかしわたしは「寝てしまえ」派だ。

何をしていいのかわからないくらい厳しい状況に陥ったときは、
なにもせずに寝る。

そのうち、周りが勝手に変わっていく。
みんな、そろそろゆるりと肩の力を抜いてみようよ、
と声をかけてみたくなった。

(つらら・冬)
[PR]
by leilan | 2006-01-11 21:04 | 秀句鑑賞
<< 『俳句』  身から出ました錆ゆえに  『俳句』  ワイキキにも野麦峠がある >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧