『俳句』  身から出ました錆ゆえに 

b0048657_18555117.jpg




    星空にネリカンブルース息白し


    ずわい蟹外反母趾を疑へり


    煮こごりを踏んでしまひし孤独かな


    寒の雨摩天楼より垂直に


    山茶花の裏であやとりひそやかに


    極寒や板かまぼこの正義感


    ハイハイと手を上げて来る寒波かな


    新海苔や二三が六のにぎり飯


    寒月や標本室のデスマスク


    一月の頭痛の種に水をやる




深沢七郎著『生きているのはひまつぶし』読了。

「動物の中で人間が一番バカで悪いヤツ」のくだりから。
 
  日本人の人口が増えた方がよいというのは、みんな悪いヤツが言うこと。
  人に働かせて、自分はのうのうと暮らそうとしている。
  子どもが増えれば、奨励金をやる、というのは悪いヤツ。
  労働力を増やすためにそういっているだけ。

  自然淘汰にまかせるのが一番。
  戦争、洪水、病気、自殺は自然淘汰だよ。
  人が増えると、困るから。

1987年に没した深沢七郎が、18年前に残した言葉だ。
[PR]
by leilan | 2006-01-12 20:28 | 俳句
<< 『秀句鑑賞』 『秀句鑑賞』 >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧