『秀句鑑賞』

 逢ひにゆく息の白さにおどろきし  加藤三七子


恋する炎はたとえどんなに寒い冬でも燃え上がる。
誰にも消すことはできない。

でも、大好きな人に会いに行く途中、
自分の吐いた息の白さに思わずびっくりしてしまった。

こんなに寒いのに、どうして私は飛び出してきたんだろう。
今夜会わなくたって、明日でもよかったのに。

でも、恋にためらいは禁物だ。
会いたい、と思った瞬間を逃してはならない。
あの人のもとへ走り出しているこの時は、
息の白さすら愉快に思えるのだ。

(白息・冬)
[PR]
by leilan | 2006-01-12 20:53 | 秀句鑑賞
<< 『俳句』  身ほとりに薔薇ちらかして 『俳句』  身から出ました錆ゆえに  >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧