『俳句』  See you later    

b0048657_1574430.jpg



    したたらす琵琶湖の雫ゆりかもめ


    鬼打ちの飛んで来る豆神楽坂


    亡き祖母の柊の釘低かりし


    脱糞の快歳の数だけ豆喰ふて   スミマセヌ

     ー裏faapokoに捧ぐー
    発車ベルひらりとブーツ乗り込みぬ 
  

    布団干す夜もお日さまに抱かれる子


    一菜は花菜一汁干し菜汁  
  

    落ちてゆく四角い豆腐寒の水


    わたくしがつかめるものに犬ふぐり


    つけかへる春の半えり長襦袢


       


■帰国したときの楽しみの一つに、TVの俳句番組を観ることがある。

4年くらい前だったか、「BS俳句王国」で主宰大会というがあった。
ビデオに録画してあったので、見直してみたら、
俳句結社の主宰という人たちはなかなか毒舌で面白い。

 氏も無く素性も知らず曼珠沙華  津田清子

津田清子さんはけなされる前に、
「私はもう曼珠沙華の句は何百と詠みましたので、こんな句しか出来ません」
と涼しい顔で述べた。

 畦行けばやいのやいのと曼珠沙華  藤田湘子

金子兜太さんが「上五が陳腐ですなあ、畦はつきすぎです」とバッサリ。
そして、即興で、

 (俳句)王国にやいのやいのと曼珠沙華

「はどうですか?目の前にたくさん咲いていますし」と言えば、
けなされた側の藤田湘子さんは、
「そんな下手な添削は頂けません」と笑った。

 どうしても解けぬ智恵の輪曼珠沙華

この句に対して、藤田湘子さんが、
「曼珠沙華を見て形から知恵の輪を連想したんですな、
それを俳句に詠むとは頭が悪いですなあ」
とあきれかえって言えば、

金子兜太さんまでが「ほんとに頭が悪いとしか言えません」と加勢した。

そういわれれば、本当に頭の悪い人の句に見えて、
いったい誰の句だろうとビデオに見入る(もう番組の中身を忘れてるw)

すると、星野椿さんが、
「頭が悪いと言われてどうしましょう。
知恵の輪に似ているなあと思って一生懸命詠みましたのに・・・」
みたいなことを平然と返した。

内心かなりかちんと来ていたと思うが、後半、

 いわし雲虚子と遍路をしたかりし  藤田湘子

と湘子さんが詠んだので、
「もう私は、湘子さんに祖父とお遍路がしたかったと詠んでもらって、
涙がでるほど嬉しいです。頭が悪いと言ったことは許してあげます」と言った。

湘子さんは、「良い句は出なかったけれど、会話が楽しかった」と締めくくった。

本当にその通り。
一般から募集した句のほうがよっぽど良かった。

 鈴の音となりて去りゆく夕遍路

主宰といわれる方々が歯噛みしている傍らで、
名もなき一般の人がこんな素晴しい句を詠む。
それもまた、俳句の面白いところである。

 寒月やポン引き纏ふ夜会服  しんいちろう

(仙台の)国分町に立つ若いポン引きのみなさんは、なにゆえあんな寒々としたかっこうをしてるのか?
もっと暖かそうにすれば良いのに…。ヒロシです。みたいなところから着想しました。

俳句をはじめてまだ四ヶ月ちょっとの人が、こういう写生句を詠む。
「ポン引き纏ふ夜会服」が季語「寒月」にスッキリと着地。
「夜会服」と大袈裟にもってきたところもいい。
さらには、ポン引きのお兄さんから声を掛けられて、
一瞬、心が動いている作者の様子まで目に浮かぶ、と勝手な妄想(笑)

 夜も更けし夏の名残のミント水  六尺

この句などは、句作二日目にして詠んだもの。
「ミント水」が初秋の静謐な空間を作り上げて爽やかである。

 風炉名残亭主に返へす猫のこゑ  たまご

句作五ヶ月目にして、富安風生ばりの詩情。
難しい季語「風炉名残」を「猫のこゑ」に結びつけた快作。

 夏至の夜や隣人の恋はじまりぬ  紡縷

句作八ヶ月目頃の句。四季折々をたんねんに写生するのを得意とするが、
ときどき、こういう句を詠んではドッキリさせる。隣は何をする人ぞ。
「夏至の夜」が絶妙。


b0048657_15102338.jpg


    
[PR]
by leilan | 2006-02-03 16:40 | 俳句
『秀句鑑賞』 >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧