俳句   実石榴やルオーの昏きをんなたち


男には何も期待していないのに、
貌だけは花がほころぶように微笑っている。

堕ちない方がいいに決まっている。
青空そよ風の道だけをいつも歩いていられるなら、
そんないいことはない。

けれど、
今朝も見る青空と、
いつか見た青空と、
どっちが哀しく美しいかと言えば、
いつか見た青い空なのだ。

あの人も疲れ果てて、
青空が恋しかったのだろう。

男たちの貌が次々と浮んでは消えた後、
あの人の瞼には、
いつか見た青空が残っていたはずである。


  ああ人は昔々 鳥だったのかも知れないね
  こんなにも こんなにも 空が恋しい


という加藤登紀子の歌を、
あの人は知っていただろうか。
[PR]
by leilan | 2004-10-22 21:34
<< 福をまねく音楽 円高・ドル安の臭い >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧