土用秘話


キャロルにばったり出くわしたのは、
アラモアナ・ショッピングセンターのパーキングだった。

久々に会った彼女は、
マークがゴールドのおそろしく高級そうなBMWに乗っていた。

「キャロル、すごいBMWじゃないの」
「そうなの。昨日、届いたばかりよ」

そのとき、
内心私は思った。

う~ん、今は土用中じゃないか。
これは、すぐ故障するだろうな、と。

「キャロル、あのね。そのBMW、故障するかも知れないわよ」
「エッ! そうなの。どうして?」
「車が届いた時期がわるいの。そういうことってあるのよ」
「そうなの。どうしたらいいかしら?」
「修理しても、すぐまた故障するから、そのときは買い換えた方がいい」
「そう。ありがとう。もし故障したら、あなたに連絡するから、アドバイスしてね」
「OK」

このときは、7月の末だったが、
案の定、10月の土用中にキャロルから電話が架かって来た。
フリー・ウエイでエンストして大変な思いをしたという。

キャロルとは親しい仲で、
とても素直な人柄の女性なので、
私も率直に話をしたが、
普通ならこんな縁起でもない話、できるものではない。
余計なお世話だと思われるのがオチである。
[PR]
by leilan | 2004-10-23 16:47
<< 土用秘話 その2 俳句  コスモスや溺るるごとく... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧