天変地異と甲申五黄

一般に、五黄の年は天変地異が多いとされている。
それは、五黄に猛烈な破壊作用があるからだが、
こと、今年に関して言えば、単に五黄のせいだけとは言いがたい。

今年の干支<甲申・きのえさる>が大いに問題だ。
甲(きのえ)は水から木を生ずるので、大水が起こりやすい。
申(さる)は金で、金を掘り出すと水がつく。
要はバランスの問題で、甲申は水と火とのバランスが平均的でなく、
水が多いので、ドカッと降るわけです。

しかも今年は、7、8、9、10月と水にウエイトがかかっていた。
7月(辛未)・8月(壬申)・9月(癸酉)・10月(甲戌)と続いた。

逆に、水が多かったので、
浅間山はたっぷり水を吸い込んでいたはずで、
そうでなければ、噴火の被害はもっと大きかったと思う。

浅間山の噴火と新潟中越地震は関連性がある。
そして、7月13日に中越地方を襲った集中豪雨も一連のながれと言える。

7月13日の集中豪雨は、地下に対して重さの圧力となっていたはずだ。
この圧力が弱まったとき、その反動で、地下の地盤が破壊されたのではないか?
つまり、雨の重さでギューッと圧力がかかっていたものが、
沁み込んだ雨が乾いて来て、その圧力がなくなった途端、
バネが元に戻る作用が起こる。
その爆発力で地下の岩盤がドッサリ剥がれ落ちる。
そんな風に想像するが、科学者ではないので、
専門家が聞いたら、笑うかもしれない。

あんまりイヤなことは書きたくないのだが、
11月も災害が起こるだろう。
土砂崩れ、高いところからモノが落ちる(飛行機もありうる)
あるいは、高いモノが倒れる、地震・・。

五黄の年は<破壊と建設>という作用がある。
古いものが壊れ、その後に新しい動きが台頭する。
それは天地だけではなく、社会にも影響を及ぼしていく。
たとえば、日本のプロ野球がそのいい例だ。

つまり、壮大な<変化>がヒト・モノ・カネ、
いたるところでで起こりつつある。

それは今年だけでなく、
今年が起点となって、今後十年間にわたっていく。
日本を含めた世界が大きく変る十年間になる。
下元三旬目、<五黄の時代>の十年間の幕開けだ。
ついに、わたしが恐れていた十年間が始まったわけである。

以上、ざっと書きながしました。
読みにくい文を最後まで読んでくださってありがとう。

最後に、新潟中越地震で被災された方々に対して、
衷心よりお見舞い申し上げます。

ここハワイでも、
新潟の人々を助けようと義捐金活動が始まりました。
アメリカのニュースで何度も放映されましたので、
アメリカ人の友人知己から、小切手を送りたいと電話が入ります。

       Thousand point of light

<ひとりの灯す千の松明(たいまつ)が世の中を明るくする>
[PR]
by leilan | 2004-10-27 17:49
<< 吉野家:豪州に1号店オープン 俳句  ん形にてペディキュア塗... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧