俳句  月光をすべて集むる伽藍かな
   月光をすべて集むる伽藍かな


ある夜娼婦がおいなりさんなでたらおいなりさん笑みがもれた
今宵よいどれが娼家の裏木戸のいなり様に小用した
月がぐんなり光をそらしたので
よいどれうつらうつらと赤くくすけたいなりさんをなめた
いなりさんつくづくよいどれから発散するうつり香によっぱらって
ほろほろと涙を流してその興味欲をなげいた
その後またある夜
娼婦がおいなりさんなでたらおいなりさん笑みがもれた

          (吉行エイスケ おいなりさん)
[PR]
by leilan | 2004-10-29 13:01
<< 映画ファンが選ぶ今年の★悪役★... 徴兵制は必要か・・・ハワイ州で... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧