<森鴎外>家族への手紙など見つかる・・・鴎外と脚気
Excite エキサイト : 社会ニュース

わたしが子供の頃、医者にゆくと、まず先生がこころみることは、金属の棒で膝頭を軽く叩くことだった。膝が軽く反応すればよし、さもなくば脚気とみなされるのだが、これは聴診器による応対と同じ医師の挨拶のようなものだった。

現在では診察にそんな古風な手続きをとる医者は極めてすくないにちがいない。振り返れば、あの診察はいつ頃からなくなったのだろうか。わたしは「鉄腕アトム」の世代だが、すでにあの当時、われわれの周辺で脚気の子供を見ることはなかった。

森鴎外が日露戦争後、臨時脚気病調査会の会長をつとめた経歴を、吉村昭著「白い航跡」で知った。この著書は、脚気予防の功績で世界的に認められた海軍医総監にして慈恵医科大創設者・高木兼寛を主人公に、陸軍医総監・森林太郎(鴎外)との間に繰り広げられた「米麦論争」が描かれている。

脚気はビタミンB1の欠乏症で、末梢神経を冒して下肢の倦怠、知覚麻痺、右心肥大、浮腫を来たし、甚だしい場合は心不全により死亡する。といっても現代のわれわれには、その歴史的位置が今ひとつピンと来ないが、結核やハンセン氏病やエイズと同じ比重を持っていたと言われる。

高木兼寛は漢方医の門弟として出発し、戊辰の役における英国人外科医ウィリアム・ウイリスの活躍にカルチャーショックをうけ、その門下生を経て海軍に奉職する。そして、脚気には麦めしが効果的とし、海軍兵食における麦めしと洋食併立の脚気予防論を展開した。

しかし、脚気研究の主流はあくまでもドイツ医学の学理主義であって、高木が学んだ英国流の臨床医学ではなかった。そして、さっそうとドイツ留学から帰国した森林太郎の「日本兵食論大意」によって論争をいどまれるのである。

鴎外は当時の急激な洋風化の中で、海軍が洋食採用にかたむきつつあるのを否定して日本食の優秀性を説き、「非日本食論は将にその根拠を失わんとす」とナショナリズムに訴える主張を繰り返した。東大医学部と直結する陸軍軍医首脳、なかんずくその中心にいた鴎外のかたくなさは、見当ちがいな方向につき進んでいく。

鴎外は九州小倉に左遷された明治34年に至ってもなお執拗に「脚気減少は果たして麦を以って米に代えたるに因する乎」と麦めし否定論を展開していて、学理にこだわった彼は死ぬまで高木説を俗説として認めようとしなかった。

しかし、日露戦争における陸軍の戦死者47,000人、脚気患者は211,600余名、脚気死亡者27,800余名という戦慄すべき数であった。それにひきかえ海軍では脚気患者は皆無といってよかった。それでも鴎外は、なお海軍の麦めしを認めなかったのである。

高木は生前男爵に叙されたが、鴎外にはその声がかからず、自ら「余は石見人森林太郎として死せんと欲す。宮内省陸軍縁故あれども生死別るる瞬間あらゆる外形的取扱いを辞す。森林太郎として死せんとす。墓は森林太郎の外一字もほる可らず」という有名な遺言を死の三日前、友人賀古鶴所(かこつるど)に口述した。一説によれば、叙爵の沙汰のないのにこだわったのだという。
[PR]
by leilan | 2004-11-05 20:25
<< 俳句  ワイキキの海昏くなり神無月 俳句  秋しぐれ古美術店の白磁壷 >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧