俳句  ワイキキの海昏くなり神無月
    ワイキキの海昏くなり神無月

ノスタルジックなハワイ最古のホテル「モアナ」は、優雅なコロニアル様式のその優美さから「ワイキキのファーストレディ」と呼ばれ、永きにわたり人々に愛し続けられて来た。

一世紀の樹齢をもつバニヤンツリーは、ワイキキビーチに面した中庭に大きな影を投げかけている。木陰でハイヌーンティーを飲みながら、波の音に耳をかたむけるひととき。時はゆったり過ぎゆく。

モアナホテルの歴史的意義は、1935年から1972年の間、この中庭から放送されていたラジオ番組「ハワイ・コールズ」にあるといっていいだろう。世界でいちばん古く、いちばん幅広く聴かれた放送と言われ、1900回もの生放送が、600のラジオ局で中継され、世界中に放送された。それまで、アメリカの片田舎にすぎなかったハワイが、この番組によって「南国の楽園」として紹介されたのだった。

ーーーきょう、この美しいハワイに、ラジオをお聴きのみなさんがいらっしゃればと残念に思います。いつか、ここにおいでください。アロハ・アロハ・ヌイ・アロハーーー

司会者ウェブレイ・エドワーズの、そんな名フレーズが聞こえてきそうだ。
[PR]
by leilan | 2004-11-05 21:18
<< 11月6日(土曜日):きょうの運勢 <森鴎外>家族への手紙など見つ... >>


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧