2005年 09月 17日 ( 1 )

『俳句』  秋天やジャンプして捕る遊撃手

b0048657_13223.jpg

           秋天やジャンプして捕る遊撃手  麗蘭







ピッキングに遭遇した一人住まいの知人(女性)の話。

その日は体調が悪くて家で休んでいたのだそうです。
そしたら突然、玄関でガチャガチャと音がする。
おかしいと思って玄関に行ったら、
明らかに外からピッキングと思われる動きが見られた。

体が凍り付いたそうです。
そりゃー怖かっただろう。
で、どうしたらよいかと必死で考えたという。

出た結論は、
「家に居る」ということをドアの前にいる人間に教えること。
で何をしたかというと、ドアをたたいて大きな音を出して、
「何しているんだ・・・」と。

ドアの前の犯人はびっくりして、そのまま逃げ去ったそうですが、
逃げ去っても「体の震えが止まらなかった」と。
わかるわかる。

もう一つ考えたそうです。
「顔を見られれば犯人は攻勢に出て来る可能性がある。
で、犯人の顔を見ないように、見たと思われないように・・・」と。

しかし警察が来て調べているときに、
「顔は見なかったのですか?」「出来れば見て欲しかった」と。
ハハハ、んなこと言ったって(笑)
まあ警察としてはそうなんでしょうね。

しかしいずれにせよ、日本の身近な人々にも犯罪の話が多くなった。
どうも、ここ数年、日本は物騒になっている。
四谷の学習院幼稚園の近くにある高級マンションで、
日本の集合住宅にしてはセキュリティも万全、
そんな事件がどうやっても起こりそうもない建物なのに。
日本もアメリカ並みになって来た。
油断大敵!
[PR]
by leilan | 2005-09-17 06:04 | 俳句


バッカスの神さまに愛されたい
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧