2006年 01月 16日 ( 2 )

『俳句』  降るあめりか

b0048657_2383375.jpg




    夕千鳥啼ひて金紗の雨となる


    風邪の子に長きいちにち桃缶と


    リカちゃんの股たしかめる冬ごもり


    コサック舞踊団ひっぱて来る寒気団


    お返しの蜜柑の器量選びけり


    湯豆腐に掬ひとらるる明かりかな


    パンツの護謨はぢきつまらぬ避寒宿


    わが肩に還るところのなき暮雪


    火を焚けよ赤の広場にバラライカ


    英文法おぼえしころの炬燵かな




■金正日の中国訪問

テレビカメラが明らかにそれと分かる姿を広州で捉えているので、
憶測(ロシアに行ったとか、北京で入院したとか)そのものは
範囲の狭いものになりつつある。

それにしても中国もよくあんなことを許しておくな、という気がする。

よほど本人が暗殺を警戒しているのだろう。
それだけ自分は狙われていると疑心暗鬼になっている。
そうでなかったら、あれほどの警備を頼みはしない。

せっかく国を出て発展しつつある中国の都市を見たのだ。
それを自分の国の発展に生かす術を身につければ良い。
しかし、あの政治体制では無理だろうよ。

日本が発展したのは、
何よりも自由に物事が言える政治体制があったからで、
思ったことも言えない厳格な政治体制下で
市場経済が花咲くはずがない。

世界で一番金正日を嫌いなリーダーはまごうことなきジョージ・ブッシュ。
その次が、なんと中国の胡錦濤だという。
どうも政治的に肌が合わないらしい。

それはさておき、マカオの銀行問題。
香港金融界の大物が所有する「バンコ・デルタ・アジア」。

米財務省は昨年9月、
北朝鮮の政府機関や関連企業と違法活動を行っているとして、
この銀行を「マネーロンダリングの主要懸念先」に指定、
米銀との取引を禁止した。
同行は容疑を否認し、北朝鮮との取引停止を発表した。

北朝鮮は昨年11月の六カ国協議で、
この制裁措置解除に関する米朝協議を要求。
金桂寛外務次官が今月初め訪米の予定だった。
しかし、米国が「説明はするが交渉はしない」としたため、
金次官は訪米中止を米側に伝えていた。

従来から伝えられていることだが、
マカオは北朝鮮にとって海外重要拠点。
また金正日総書記の私生活にかかる資金調達企業とされる
「朝光貿易」もマカオにある。

韓国の金大中前大統領の北朝鮮への秘密送金も
マカオの銀行口座が使われた経緯があった。
アメリカは、マカオやこの銀行が、
偽米ドル「スーパーK」の流通拠点として知られていることを、
特に大きな問題としている。

このマカオの銀行の北朝鮮との取引停止は、
金正日総書記を初めとする金ファミリーに大きな打撃になっているという。
この問題を打開しに中国に行った可能性が高いが、
同時に抗生物質の調達も行っている可能性があるらしい。

一方中国サイドは、
胡錦濤が政治的に肌が合わない金正日体制に対して、
言ってみれば最後通牒を突き付けているのかもしれない。

今年は北朝鮮情勢は大きく動く可能性がある。


b0048657_5164891.jpg  初暦月火水木金正日


  土筆摘む金正日の火宅かな


  喜び組乳房はげしき落花浴ぶ


  シークレットブーツ春の渚にまろびけり


  簾あげれば金正日に降るあめりか


  
[PR]
by leilan | 2006-01-16 06:53 | 俳句

『秀句鑑賞』

 さやうなら笑窪荻窪とろゝそば  摂津幸彦


季語は「とろろ」で秋だが、冬にも通用する句であろう。
物の本によれば、正月に食べる風習のある土地もあるそうだから「新年」にも。
ま、しかし、摂津幸彦はさして季節を気にしている様子はない。

「荻窪」は東京の地名。
「さやうなら」と別れの句ではあるけれど、明るい句だ。

「さやうなら」と「とろゝそば」の間の中七によっては、
陰々滅々たる雰囲気になるところを、
さらりと「笑窪荻窪」なる言葉遊びしているからだ。

さらりとした別れの情感を詠みたかったということ。
たとえば、学生がアパートを引き払うときのような心持ちを。

このときに「笑窪荻窪」の中七は言葉遊びにしても、
単なる思いつき以上のリアリティがある。
ここが摂津流、余人にはなかなか真似のできないところだ。

笑窪は誰かのそれということではなくて、
作者の知る荻窪の人たちみんなの優しい表情を象徴した言葉だろう。
行きつけの蕎麦屋で最後の「とろゝそば」を食べながら、
むろん一抹の寂しさを覚えながらも、
胸中で「さやうなら」と呟く作者の姿がほほえましい。

蕎麦屋のおじさんも「じゃあ、がんばってな」と、
きっとさらりと明るい声をかけたにちがいない。

いいな、さらりとした「さやうなら」は。

(とろろ・秋)
[PR]
by leilan | 2006-01-16 06:17 | 秀句鑑賞


バッカスの神さまに愛されたい