カテゴリ:浮世草子( 25 )

FOMC、0.25%の利上げを決定

FOMCは今回も0.25%の利上げを決定しながらも、
利上げ発表後の声明文を11月1日のそれとは大きく変えてきた。
最初に掲げるのは前回の声明文の第二と第三パラ。

Elevated energy prices and hurricane-related disruptions in economic activity have temporarily depressed output and employment. However, monetary policy accommodation, coupled with robust underlying growth in productivity, is providing ongoing support to economic activity that will likely be augmented by planned rebuilding in the hurricane-affected areas. The cumulative rise in energy and other costs has the potential to add to inflation pressures; however, core inflation has been relatively low in recent months and longer-term inflation expectations remain contained.
The Committee perceives that, with appropriate monetary policy action, the upside and downside risks to the attainment of both sustainable growth and price stability should be kept roughly equal. With underlying inflation expected to be contained, the Committee believes that policy accommodation can be removed at a pace that is likely to be measured. Nonetheless, the Committee will respond to changes in economic prospects as needed to fulfill its obligation to maintain price stability.

ここにある認識は、
「monetary policy accommodation」「policy accommodation」
などの表現に見られるように、
「現在は緩和状態である。だからそもそもその解除が必要」
という認識だった。

accommodation は、
「調整、宿泊所、資金の融通」などに使われる単語で、
金融政策で言えば「緩和状態」を指す。

今が緩和状態、または緩和が過ぎた状態であるから、
それを「can be removed at a pace that is likely to be measured」というような有名な表現で、「これからそれを予測できる形で、慎重に除去していく」となっていた。

それに対して以下に掲げるのが、
12月13日の今年最後のFOMCの後に発表された声明文の第二、第三パラ。

一番に気が付くのは「accommodation」という単語が使われておらず、
既に今の金融政策、政策金利が
「緩和的であるという認識はなくなっている」こと。

それはFOMCとして既に4.25%という短期金利水準が
今の経済環境に対して「中立的な範囲」にまで入ってきたと
認識していることを示している。

FF金利の水準はそこを目指してきた「中立地帯」に入っているので、
物価に対して何も圧力がなければ利上げはしなくても良いとも考えられるが、
エネルギー価格のさらなる上昇、
そして設備稼働率がさらなる上昇があれば物価圧力が増す可能性があり、
安定的経済成長と物価安定達成に対するリスクを
ほぼバランスの取れたものにするには、
さらなるmeasuredな(予測可能な形での慎重な)
利上げが必要になる可能性が高い」として、
以下のように声明している。

Despite elevated energy prices and hurricane-related disruptions, the expansion in economic activity appears solid. Core inflation has stayed relatively low in recent months and longer-term inflation expectations remain contained. Nevertheless, possible increases in resource utilization as well as elevated energy prices have the potential to add to inflation pressures.
The Committee judges that some further measured policy firming is likely to be needed to keep the risks to the attainment of both sustainable economic growth and price stability roughly in balance. In any event, the Committee will respond to changes in economic prospects as needed to foster these objectives.

この声明を素直に読むとこうなる。

「今回で13回目の連続0.25%利上げで、
アメリカの金融政策は緩和的(accommodative)と言える状況を脱して、
言ってみれば中立ゾーンに入ってきた。
だから、今までのような中立地帯目指して
機械的に0.25%の利上げを繰り返すことはもうない。
しかし今は遊休施設に余裕のない稼働率が高い状態であり、
またエネルギー価格も上がっているので
利上げをしなければ継続的経済成長や
物価の安定が危険にさらされる可能性が高い。
だから利上げはまだ必要となるだろうが、
その後は利上げしないかも知れない」と。

これには市場で二つの反応があり得る。
「なんだまだ上げるのか」と
「そうは言っても先は見えたな」だ。
外国為替市場は前者の解釈を取り、
株式市場は後者の解釈を取ったように見える。
今後はまた分からないが。

13日のニューヨークの市場は、
為替が120円がらみ、1.19ドル台で終わり、
株はダウで55ドルほど上げて終わった。

素直な感想を言うと、FOMCの利上げはあと1~2回ということでしょうか。
まあ1月は設備稼働率とエネルギー価格の下落がなければやる。
つまり4.5%にFF金利を持って行く。
しかしその後は状況を見ながらということです。

だから、バーナンキが最初に迎える来年3月28日のFOMCは、
大変な思惑集中の、「あるのか、ないのか」のFOMCになる。

形を変えても「measured」という言葉を残したと言うことは、
来年1月のほぼ確実視される利上げ、
もしかしたらあるかもしれない3月の利上げも、
利上げ幅は0.25%になるということです。

FRBがFOMC後の声明文に「measured」という単語を入れ始めたのは、
ウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば2004年の5月。
その時のFF金利誘導目標は1%だった。
思えば長い道を来たものだ。
米短期金利はもう「中立地帯」。
いずれにせよ、
日本が来年の春に量的金融緩和の解除を議論する頃に、
アメリカの金融政策における非常に異常な期間としての連続利上げ、
13回FOMC連続は途切れることになる。
[PR]
by leilan | 2005-12-14 05:14 | 浮世草子

予想通りの4%へのFF金利引き上げ
(いつもの個人的な備忘録です)

注目すべき点はいくつかある。

今回は「全員一致」で利上げに賛成となっている。
全理事が、今のアメリカ経済は利上げがふさわしいと考えたことになる。
つまり、FRBの景況感は強気で一致している。
少なくとも9月よりは不安感が消えた。

第二に、カトリーナやその後続ハリケーンがもたらした影響に関して、
今回の声明はそれが「temporarily 」であると言い切っている点。
前回9月の声明時はカトリーナの傷跡が生々しいときで、
まだ不安感が強かった関係から、

「The widespread devastation in the Gulf region, the associated dislocation of economic activity, and the boost to energy prices imply that spending, production, and employment will be set back in the near term」

という形で、
「in the near term」
という表現が使われていた。
ハリケーン関連で米経済が受ける打撃は「temporarily 」と、
今回FOMCは見切ったことになる。

加えて三番目に指摘できるのは、
「ハリケーン打撃」どころか
「economic activity that will likely be augmented by planned rebuilding in the hurricane-affected areas.」
という形で、
そもそも緩和的金融政策と
生産性の高い基調的な伸びが支えて担っているアメリカ経済を
「ハリケーン被災地域での復興活動が一層勢いづける」と見ていること。

こういう点を考えれば、
来月、つまり今年最後の12月13日のFOMCでも、
アメリカのFF金利は上がるんでしょう。

ということで、ドル高基調持続は今の時点では理解できる。

Release Date: November 1, 2005
For immediate release

The Federal Open Market Committee decided today to raise its target for the federal funds rate by 25 basis points to 4 percent.

Elevated energy prices and hurricane-related disruptions in economic activity have temporarily depressed output and employment. However, monetary policy accommodation, coupled with robust underlying growth in productivity, is providing ongoing support to economic activity that will likely be augmented by planned rebuilding in the hurricane-affected areas. The cumulative rise in energy and other costs has the potential to add to inflation pressures; however, core inflation has been relatively low in recent months and longer-term inflation expectations remain contained.

The Committee perceives that, with appropriate monetary policy action, the upside and downside risks to the attainment of both sustainable growth and price stability should be kept roughly equal. With underlying inflation expected to be contained, the Committee believes that policy accommodation can be removed at a pace that is likely to be measured. Nonetheless, the Committee will respond to changes in economic prospects as needed to fulfill its obligation to maintain price stability.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Alan Greenspan, Chairman; Timothy F. Geithner, Vice Chairman; Susan S. Bies; Roger W. Ferguson, Jr.; Richard W. Fisher; Donald L. Kohn; Michael H. Moskow; Mark W. Olson; Anthony M. Santomero; and Gary H. Stern.

In a related action, the Board of Governors unanimously approved a 25-basis point increase in the discount rate to 5 percent. In taking this action, the Board approved the requests submitted by the Boards of Directors of the Federal Reserve Banks of Boston, New York, Philadelphia, Cleveland, Richmond, Atlanta, Chicago, St. Louis, Minneapolis, Kansas City, Dallas, and San Francisco.

[PR]
by leilan | 2005-11-02 19:58 | 浮世草子

アメリカ、11回連続の利上げ

例によって、私の個人的な備忘録。
やっぱり引き上げたな。11回連続の利上げ。
この結果、アメリカの短期金利誘導目標は3.75%になった。

注目された声明文は、
ハリケーンの米経済(支出、生産、雇用)に対する影響が今後出てくること、
それにエネルギー生産・精製インフラへの打撃で
今後エネルギー価格のボラティリティが増大することを認めながらも、
FOMCの認識として
「they do not pose a more persistent threat.」
と述べている。

これは、ハリケーンの影響は短期的で、
永続的・持続的ではないとの見方にFOMCも与したことを意味する。

FOMCは、むしろ
「Rather, monetary policy accommodation, coupled with robust underlying growth in productivity, is providing ongoing support to economic activity」
と述べて、
今の金融政策は依然として緩和が過ぎているとの印象を与える判断を示し、
今後の引き上げ継続にも意欲を示している。

さらにFOMC声明は
「Higher energy and other costs have the potential to add to inflation pressures」
と、エネルギー価格、その他諸コストの情報により、
今後のインフレ圧力増大の可能性に言及。

この結果は、外国為替市場でのドルの上昇(特に対円)
それにニューヨーク株式市場での株価の続落となった。
債券市場では、債券が短いところを中心に下げ、
今これを書いている時点では、
指標10年債の利回りは4.28%。ちょっと高い。

The Federal Open Market Committee decided today to raise its target for the federal funds rate by 25 basis points to 3-3/4 percent.
Output appeared poised to continue growing at a good pace before the tragic toll of Hurricane Katrina. The widespread devastation in the Gulf region, the associated dislocation of economic activity, and the boost to energy prices imply that spending, production, and employment will be set back in the near term. In addition to elevating premiums for some energy products, the disruption to the production and refining infrastructure may add to energy price volatility.

While these unfortunate developments have increased uncertainty about near-term economic performance, it is the Committee's view that they do not pose a more persistent threat. Rather, monetary policy accommodation, coupled with robust underlying growth in productivity, is providing ongoing support to economic activity. Higher energy and other costs have the potential to add to inflation pressures. However, core inflation has been relatively low in recent months and longer-term inflation expectations remain contained.

The Committee perceives that, with appropriate monetary policy action, the upside and downside risks to the attainment of both sustainable growth and price stability should be kept roughly equal. With underlying inflation expected to be contained, the Committee believes that policy accommodation can be removed at a pace that is likely to be measured. Nonetheless, the Committee will respond to changes in economic prospects as needed to fulfill its obligation to maintain price stability.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Alan Greenspan, Chairman; Timothy F. Geithner, Vice Chairman; Susan S. Bies; Roger W. Ferguson, Jr.; Richard W. Fisher; Donald L. Kohn; Michael H. Moskow; Anthony M. Santomero; and Gary H. Stern. Voting against was Mark W. Olson, who preferred no change in the federal funds rate target at this meeting.

In a related action, the Board of Governors unanimously approved a 25-basis-point increase in the discount rate to 4-3/4 percent. In taking this action, the Board approved the requests submitted by the Boards of Directors of the Federal Reserve Banks of Boston, New York, Philadelphia, Richmond, Chicago, Minneapolis, and Kansas City.

[PR]
by leilan | 2005-09-21 11:44 | 浮世草子

FOMC声明ーFF金利の誘導目標は3.5%

いつもの備忘録ですので、興味のない方はスキップを。

FOMC声明の言っていることは、
要するに「まだ少なくとも一回は利上げを継続する」ということ。
その利上げはおそらく次回のFOMCである9月20日になる可能性が強い。

太字は前回声明と変わったところ。

The Federal Open Market Committee decided today to raise its target for the federal funds rate by 25 basis points to 3-1/2 percent. The Committee believes that, even after this action, the stance of monetary policy remains accommodative and, coupled with robust underlying growth in productivity, is providing ongoing support to economic activity. Aggregate spending, despite high energy prices, appears to have strengthened since late winter, and labor market conditions continue to improve gradually. Core inflation has been relatively low in recent months and longer-term inflation expectations remain well contained, but pressures on inflation have stayed elevated.

The Committee perceives that, with appropriate monetary policy action, the upside and downside risks to the attainment of both sustainable growth and price stability should be kept roughly equal. With underlying inflation expected to be contained, the Committee believes that policy accommodation can be removed at a pace that is likely to be measured. Nonetheless, the Committee will respond to changes in economic prospects as needed to fulfill its obligation to maintain priceO stability.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Alan Greenspan, Chairman; Timothy F. Geithner, Vice Chairman; Susan S. Bies; Roger W. Ferguson, Jr.; Richard W. Fisher; Donald L. Kohn; Michael H. Moskow; Mark W. Olson; Anthony M. Santomero; and Gary H. Stern.

In a related action, the Board of Governors unanimously approved a 25-basis-point increase in the discount rate to 4-1/2 percent. In taking this action, the Board approved the requests submitted by the Boards of Directors of the Federal Reserve Banks of Boston, New York, Philadelphia, Cleveland, Richmond, Atlanta, Chicago, St. Louis, Minneapolis, Kansas City, Dallas, and San Francisco.


太くした部分が前回どういう表現になっていたかというと、以下の通り。

Although energy prices have risen further, the expansion remains firm and labor market conditions continue to improve gradually. Pressures on inflation have stayed elevated, but longer-term inflation expectations remain well contained.


読み比べると直ぐに分かるのは、
今回の声明の方が第二パラグラフの終わりの文章を
「pressures on inflation have stayed elevated」にするなどして、
インフレ警戒姿勢を若干でも強めている。
だからこれは、次回の9月20日直前の米経済情勢を見なければ、
また同日のFOMC声明を見ないと分からないが、
自然に考えれば、その次の11月1日、
その次の12月13日のFOMCでも利上げが続いてもおかしくない、
という見方が出来る。

今回3.5%になったFF金利の誘導目標は、年内にあと3回上がるとなると、
年末のレートは4.25%になる。
おそらくこれは、FRBが「中立」と考えているであろうレートに極めて近くなる。
かつ、今の5年債ノートの利回りである4.27%に極めて近く、
かつ10年債の利回り4.41%とそれほど遠くない。
長期金利が今からあまり上がらないとすれば、
米金利体系は極めてフラットに接近する

先日のウォール・ストリート・ジャーナルの記事が、
この問題を考える上で参考になる。
FRBは長期インフレ期待に関して、前回も今回も
「longer-term inflation expectations remain well contained」
と述べながら、足下のインフレ圧力に関する記述との順番を入れ替えた。
おそらくこの文章がなくなるときが、
FRBが「市場で長期金利が上がり始めてもおかしくない」と考えるときだろう。

この利上げを受けても、ニューヨークの株価は大幅に上げている。
利上げそのものが予想された範囲だったし、
今後上げのペースが上がるとは予想されない声明文だったからだ。
直近の雇用統計を見ても、その他の経済指標を見ても、
アメリカ経済はFOMCの声明文が
「Aggregate spending appears to have strengthed」
と言っている通り、極めて強いと言える。
[PR]
by leilan | 2005-08-10 10:00 | 浮世草子

Cross-Cultural

友人の息子(アメリカ人)が「比較文化心理学」を受講していたとき、
日米の教育の違いについてリポートを集めていた。
彼は母親が日本人だったこともあって、
とりわけ「比較文化」には熱心な子であったが、
実際に日本で学んだ経験がないので、
母親と私でリポートを手伝うことになり(笑)
そのときシンプルにまとめたものの一つである。
ご参考までに。


Japanese styles

Teachers are expected to have all the answers.

Teachers are expected to suppress emotions.(and so are students)

Teachers interpret intellectual disagreement as personal disloyalty.

Teachers reward students for accuracy in problem solving.

Students admire brilliance in teachers.

Students should speak in class only when called on by the teacher.

Teachers should never lose face ; to do so loses the respect of students.

Students expect the teacher to show then " the way. "


American styles

Teachers are allowed to say " I don't know."

Teachers are allowed to express emotions.(and so are students)

Teachers interpret intellectual disagreement as a stimulating exercise.

Teachers reward students for innovative approaches to problem solving.

Students admire friendliness in teachers.

Students are encouraged to volunteer their thoughts.

Teachers can admit when they are wrong and still maintain students' respect.

Teachers expect students to find their own way.


[PR]
by leilan | 2005-08-06 17:17 | 浮世草子

Fed Sees Bond Market Hampering Its Steps to Keep Inflation in Check

久しぶりにウォール・ストリート・ジャーナルに面白い記事を発見。
とは申せ、大方の人にはつまらない記事ですね。すみません。
備忘録代わりの掲載ですから、興味のない方はスキップしてください。

b0048657_1745154.jpg


次回のFOMCは8月9日の予定だが、
FRBはまだ利上げを続ける理由として、
この記事は「長期金利の低さ」を挙げている。
そこが興味深いところだ。

アメリカの長期金利については、
グリーンスパン自身が「conundrum」(なぞ)と言っているが、
この記事が90年代の株式投資家と今の債券投資家の類似を
指摘しているのが、私には面白かった。
   
Fed Sees Bond Market Hampering Its Steps to Keep Inflation in Check

WASHINGTON -- As the Federal Reserve prepares to raise short-term interest rates again next week, officials there increasingly believe the bond market, which sets long-term rates, is diluting their efforts to tighten credit and contain inflation.

The result: The longer the bond market keeps long-term rates unusually low, the further the Fed is likely to raise the short-term rates it controls in an effort to keep the economy from overheating. Conversely, sharply higher bond yields would encourage the Fed to stop raising short-term rates.

This dynamic marks a striking break from the past when the Fed typically saw sharply higher bond yields as a reason to lift short-term rates further and low yields as a reason to worry about the economy.

Fed officials say future rate moves mostly depend on what data indicate about growth and inflation. With inflation low but the economy steadily using up unused capacity, officials plan to keep raising short-term rates to "neutral," a level thought to be between 3% and 5% that neither stimulates nor restrains economic growth. The bond market's unusual behavior is complicating that strategy by making it harder to know where neutral is.

Some policy makers worry that bond yields are being kept in check by overly complacent investor sentiment which could rapidly dissipate, pushing up mortgage rates and shaking the housing market. Indeed, some Fed officials see similarities between the attitudes of bond investors today and of stock investors in the late 1990s.

記事はもっと続くのですが、
アメリカの金融政策を考える上では、非常に興味深い内容である。

ということは、しばらくアメリカ短期金利は上げ続けると言うこと。

考えるに、アメリカ長期金利の異常な低水準は、
そろそろ曲がり角に来ていると思う。
[PR]
by leilan | 2005-08-03 23:41 | 浮世草子

Saudi Arabia's King Fahd dies

サウジアラビアのファハド国王死去のニュースを聞いて、
ニューヨークのエコノミスト・フィリップ、友人のスティーブンたちと、
「これで落ち着きを取り戻していた原油価格がまた上昇するだろう」
という話をしていたら、
ニューヨーク市場はその通りの展開となった。

1日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は、
指標となる米国産標準油種(WTI)9月渡しで、
一時1バレル=62・30ドルまで上昇した。
これは、7月7日に記録した最高値(62・10ドル)を更新する相場。
終値は61・57ドルで、終値でも過去最高値。

ファハド国王の死去で新国王に即位したアブドラ皇太子は、
前国王の親米路線を踏襲するとみられる。
しかし、サウジ国内は女性の社会進出問題、
テログループの発生と摘発など難しい国内問題を抱えており、
権力争いが活発化する恐れもある。

中東ではイランが、欧米諸国が約束を守らないことを理由に、
ウラン転換施設での作業を再開すると国際原子力機関(IAEA)に通告したり、
OPECの主要産油国が様々な政情不安に直面するなど、
原油相場の上昇要因に事欠かない。
いやはや・・。

一方で、北半球の消費国は夏のドライブシーズン。
アメリカでは精油所の事故も相次いでおり、
そういう状況を勘案すると、
原油相場の高値維持は当面続くと考えられる。
ただし、相場的にはやや荷もたれ感が強いことが気になるが。
[PR]
by leilan | 2005-08-02 16:45 | 浮世草子

中国人民元のバスケット制移行
そろそろ、エアポートへ行かなきゃならん時刻だが、
この記録はブログに残しておきたいので、ちょっと急いで。

中国人民銀行が人民元のバスケット制移行に伴って発表した声明は以下の通り。

People’s Bank of China statement on renminbi reform
July 21, 2005

With a view to establish and improve the socialist market economic system in China, enable the market to fully play its role in resource allocation as well as to put in place and further strengthen the managed floating exchange rate regime based on market supply and demand, the People’s Bank of China, with authorization of the State Council, is hereby making the following announcements regarding reforming the RMB exchange rate regime:

1. Starting from July 21, 2005, China will reform the exchange rate regime by moving into a managed floating exchange rate regime based on market supply and demand with reference to a basket of currencies. RMB will no longer be pegged to the US dollar and the RMB exchange rate regime will be improved with greater flexibility.

2. The People’s Bank of China will announce the closing price of a foreign currency such as the US dollar traded against the RMB in the inter-bank foreign exchange market after the closing of the market on each working day, and will make it the central parity for the trading against the RMB on the following working day.

3. The exchange rate of the US dollar against the RMB will be adjusted to 8. 11 yuan per US dollar at the time of 19:00 hours of July 21, 2005. The foreign exchange designated banks may since adjust quotations of foreign currencies to their customers.

4. The daily trading price of the US dollar against the RMB in the inter- bank foreign exchange market will continue to be allowed to float within a band of 0.3 percent around the central parity published by the People’s Bank of China, while the trading prices of the non-US dollar currencies against the RMB will be allowed to move within a certain band announced by the People’s Bank of China.

The People’s Bank of China will make adjustment of the RMB exchange rate band when necessary according to market development as well as the economic and financial situation. The RMB exchange rate will be more flexible based on market condition with reference to a basket of currencies. The People’s Bank of China is responsible for maintaining the RMB exchange rate basically stable at an adaptive and equilibrium level, so as to promote the basic equilibrium of the balance of payments and safeguard macroeconomic and financial stability.


つまり、切り上げも切り下げも出来るし、
スタート台は8.11と2%強の切り上げを行うが、
その後は分からないし、
中国政府の意向に従って人民元の動きを緊密に監視する、ということです。

ウォール・ストリート・ジャーナルは
「The Bush administration praised China's decision but said it plans to monitor the implementation.」
と報じている。

そりゃそうだ。
一番重要なのは、「implementation」です。

通貨制度移行のタイミングは、まずまずですかね。
「自分で決める、圧力のないときに」
というのが中国のタイミング前提だったことを考えれば、
8月説が強かったこの時期に上げたというのはまずまず。

しかしこれで明らかになったことがある。

中国はなにか非常に大きな事が起きない限り、
「gradualism」(徐々主義、漸進主義)でいくということです。

今朝のホノルルは雨。
[PR]
by leilan | 2005-07-22 02:34 | 浮世草子

レジ袋の狂気

b0048657_19301963.jpgクール・ビズというへんな名前の省エネファッションが話題になっている。

で、これで日本中が浮かれている。

情けないことに、大新聞までが社説に取り上げる。

ここが、日本人の悪い癖だ。頭隠して、尻隠さず。


省エネというと、すぐにエアコンとレジ袋ばかりを考える。

レジ袋を節約しよう、なんていう記事が、新聞にときどき出るが、
「何のために」という目的が、まったく見失われている。
石油資源を節約するためなら、レジ袋を廃止しても、ほとんど無効だ。
日本中の大量の廃プラスチックのうち、レジ袋なんて、ごくわずかだ。

最近、大型テレビが話題である。
その消費電力を調べた記事があった。
プラズマ、液晶、リアプロ(リアプロジェクション)の
消費電力を比較して、
475W、315W、198W という数値を示している。
プラズマであれ液晶であれ、大量に電気を食う。

これを、レジ袋と比較するといい。
レジ袋で5W分ぐらいの石油資源を節約しても、ほとんど無意味。
レジ袋で節約できる資源に比べて、
その何倍もの資源を、大型テレビで無駄に発生させる。

だから、レジ袋を節約しても、頭隠して、尻隠さずだ。
頭だけ隠して、
「見えるところは全部隠したから、もうこれで大丈夫。オーケー」
と思い込んでも、マヌケである。

ところが、有料化の推進を正しいと信じ込んでいる推進派の人々は、
「レジ袋の有料化に反対する店に対しては、制裁すべきだ」ときた。
朝日の記事 「有料化を徹底させるために、業界を指導、勧告し、規制効果を持たせたい考えだ。」

なんか、恐怖の統制政治再来?
これじゃ、経済における自由な活動という基本理念を、
根本から破壊しようとしている。

つまり、環境改善は善であるから、
この善なる活動から逸脱する輩には厳しい制裁を加えよ、
というわけだ。恐ろしいことだ。
ここでは、「発想の転換」がなされていることに気付かれるだろうか。
今までは自由な活動が憲法の下で保証されていたのに、
一転して、「正しいことのためには全員を統制せよ」というふうに、
価値観が正反対ものになってしまった。

レジ袋有料化・・・これは、
マスコミ主導の狂気の政策として、長く語り継がれることになるだろう。

b0048657_19385269.jpg

              マサイのスーパー・マーケット
[PR]
by leilan | 2005-06-16 00:49 | 浮世草子

Not Guilty マイケル・ジャクソン被告に無罪

Not Guilty

b0048657_7294178.jpg【ロサンゼルス13日共同】子どもに対する性的虐待罪などに問われた米人気歌手、マイケル・ジャクソン被告(46)に対する裁判で、米カリフォルニア州サンタバーバラ郡地裁陪審は13日、10の罪状すべてで無罪評決を下した。被告は無実を勝ち取ったが、「スリラー」など世界的ヒット曲で知られるスーパースターにとって、子どもとの性的スキャンダルは大きな痛手となった。起訴状によると、被告は2003年春、当時13歳で被告のファンだった少年を自宅兼遊戯施設「ネバーランド」に招き、寝室でワインなど飲酒を強要した上、性的ないたずらなどの行為を繰り返したとされた。罪状は性的虐待と未成年への飲酒強要、逮捕監禁の共謀で計10件に上った。



b0048657_1103038.jpgこの裁判、アメリカでは常にトップニュースとして扱われていた。あれだけ報道されれば、たとえ無罪であったも、イメージダウンは相当のものだ。
Michael Jackson イコール
Sexual Harassment のイメージ
これは、もはやリセット出来ない。


Jackson looked very different aged 14 in 1972 (left). Seven years later he appeared on BBC Radio 1


b0048657_114137.jpg法廷の証拠調べの段階で、
すでに検察は弱いなと感じていた。加えて、マイケルの雇ったロイヤーが凄腕だった。
陪審員に対するあの弁舌の巧みさ、うまさ。
このロイヤー、心理学もマスターしてるなと思うほどだった。



His famous Thriller video brought worldwide fame in 1984 (left) and by 1988 and he was still a musical success story


b0048657_1171578.jpg裁判の国・アメリカでは、持てる人々は往々にして訴えられるが、彼等は金の力にモノを言わせ、凄腕のロイヤーを雇う。普通のロイヤーだと、1時間@150~200ドルくらいだが、凄腕になると、これが、1時間@1000ドルなんてのもある。単純に計算すると、1日で100万円稼ぐということだ。

Jackson appeared on Top of the Pops in 1989 (left) and by 1992 he had radically changed how he looked


b0048657_11132563.jpg逆に、訴える側には持たざる者も多い。得てして、こちらは成功報酬でロイヤーを雇う。裁判に負ければ、ロイヤーに報酬を支払う必要がない。しかし、この場合、裁判に勝っても、手にした金のほとんどはロイヤーに持っていかれてしまう。


Jackson's image did not change that much between 1993 (left) and 1996


b0048657_1116323.jpgどっちにしても、こうした裁判はロイヤーが儲かるだけなのだ。だから、アメリカには悪徳ロイヤーがごまんといる。火のない所にわざわざ火を熾し、紳士ヅラして、たき付けるワルが後を絶たない。ただ、アメリカの裁判が好ましいとしたら、日本のように延々と時間を弄する愚がないことだろう。
He briefly married Lisa-Marie Presley before splitting in 1996, when this picture was taken


b0048657_11173785.jpg個人的な経験だが、IRS(国税局)と税法基準をめぐって闘い、勝訴したことがあった。日本で、個人(実質的には法人だった)が国税庁や税務署を訴えて勝訴するなんて、まず絶対にないだろう。こういうところ、アメリカは腐っても鯛、という感じがする。

Jackson met the crowds at the Carousel of Hope, a star-studded charity gala in 2000


b0048657_11244957.jpgそれから、アメリカの離婚裁判は非常に辛辣だ。日本の離婚裁判の比ではない。アメリカ人の夫と離婚することになった友人(日本人)は、裁判中、夫側のロイヤーからネチネチと攻められ法廷で号泣。証言台で泣き崩れてしまった。あの攻められ方なら私でも泣きそうだ。


Jackson spoke at Oxford University union in 2000 (left) and visited the House of Commons in 2001


b0048657_1126837.jpgこうした裁判では異例だが、このとき審理は30分中断となった。これがアメリカ人同士の離婚裁判なら、たとえ号泣しても審理が中断することはない。
まあ、アメリカの女はこういう場面では非常にアグレッシブだ。



Jackson spoke in the Los Angeles court as a witness

以上、マイケル<お顔の歴史>でした。
[PR]
by leilan | 2005-06-14 12:02 | 浮世草子


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧