カテゴリ:布哇食堂( 7 )

気ままにB級グルメ『布哇食堂』  果実のかんたんスィーツ
                  バナナの天ぷら
b0048657_558424.jpg



言わずもがなの左利き。
甘いものを口にすることはめったになし。

うちのおやぢは大酒呑みにして羊羹もOKという両刀だが、
私は果物ならば甘くてもOK。

ということで、今日は、『バナナの天ぷら』を作ってみます。
普通の天ぷらを揚げるときは、
小麦粉のグルテンが出来ると、からっと揚らないのでかきまぜないが、
このデザートはあえてグルテンを作りもったりとした衣にするのが特徴。
しかも、冷めていた方が美味しい。


【材料】
バナナ 2本
A
卵 半コ
牛乳 100cc
小麦粉 70g


砂糖(グラニュー糖) 小さじ1
シナモン粉 小さじ1/3
揚げ油 適量


【作り方】
1、 まず最初衣を作る。
  Aの材料を泡だて器で良く混ぜ、小麦粉のグルテンを作り、
  常温で2~3時間放置しておく。
2、バナナを一口大(1.5cmの輪切り)にして衣の中に入れ、
  摂氏170度の油で、衣がきつね色になるよう揚げる。
  1分もたたないうちに揚るので、揚げ過ぎないよう注意。
3、好みの量のシナモンシュガーを振りかけて出来あがり。



b0048657_6124220.jpg つづいて、ベイクドアップル、なんちゃて
『超かんたん焼きりんご』ざます。あきれるほど簡単なので、日曜のブランチなどに是非。


【材料】
酸っぱい林檎 1個
バター 大さじ1~2
砂糖 (または蜂蜜)
あればラム酒


【作り方】
1、林檎は八つ割りにして、皮を剥く。  
2、テフロンのフライパンで中火で焦がさない様に ゆっくり焼く。
3、 軟らかくなったら、フレッシュバター 大さじ1~2杯入れ、
  溶けたら、お砂糖(または蜂蜜)を入れる。
  
  林檎が硬ければ、バタを入れる前に水を少し入れ蒸し焼きに。
  すっぱさが足りなければ、レモン汁を足しましょう。  
  ラム酒(ダークラム)を入れると大人の味に。
   
  シナモンをふって、さあ召し上がれ。  

サンドイッチパンに、バターをぬってからトースターで焼き、
この林檎を三切ればかり乗っけるとそこら辺の冷たいパイなんか、顔まけ。
コーヒーにもティにもOK!
[PR]
by leilan | 2005-11-21 07:26 | 布哇食堂

気ままにB級グルメ『布哇食堂』  お豆腐のリゾット
                
b0048657_8564913.jpg




あ~
ゆうべは飲みすぎたな~
そんなときに登場するのが本日紹介する『お豆腐のリゾット』

わずかな材料とわずかな時間で、
美味しい中華風リゾットが出来上がります。

見た目はイマイチなんですが、
うまいんだ、これが!


材料

絹ごし豆腐1丁
温かいごはん軽く2杯
長ねぎ半本
生姜1かけ
鶏ガラスープの素
水カップ1
サラダ油(胡麻油でも良い)

 普通の食欲の人なら2人分。
 大喰いの人は1人で食べてください。
 ザーサイなんかあるといいですよ。

作り方

1、 長ねぎ、生姜はみじん切りにする。

2、 フライパンにサラダ油(胡麻油でもOK)を入れ、1を弱火で炒める。

3、 ねぎと生姜から香りが立って来たら、
   豆腐を手でぐちゃぐちゃと崩して投入。
   ヘラで豆腐をつぶすようにしてなめらかにする。

b0048657_975543.jpg






4、 そこに温かいご飯を入れ、ざっくりと混ぜる。

5、 水カップ1杯と鶏ガラスープの素を適宜入れて、
    しばらくかきまわしながら煮る。

6、 水分が少なくなったところで味を見て、
    足りないなぁと思う人は塩を入れれば良い。

7、 完成! 熱いうちに食べましょう。

b0048657_9524985.jpg






■うちの母に教えたら、育ち盛りの孫のために、一口大の鶏肉に軽く塩・胡椒したものを、ねぎや生姜と炒め、リゾットにほうれん草とにんじんを柔らかくゆでたものも混ぜて食べさせてました。


もひとつ紹介するのは、本格的なお豆腐リゾット
題して(いつもの思いつきですけど・・)

  『お豆腐のリゾット・コルシカ風』:上の写真参照

材料:( 1人分 )

生米 1/4カップ程度
コンソメスープ(水200CC+コンソメブイヨン小さじ2 )
パルミジャーノ・チーズ(粉チーズでもOK) 大さじ2
玉ねぎ中1/4個
鶏もも肉50g
絹ごし豆腐 1/4丁
牛乳(生クリームでもOK) 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
塩 少量
粗挽き黒胡椒
チャイブやパセリなどのハーブ


作り方

1、水200CCにコンソメ小さじ2を加えて弱火で溶かしておく。
  パルミジャーノ・チーズはすりおろしておく。

2、鶏肉は食べやすい大きさに切り、
  一つまみ程度の塩と胡椒を軽く振っておく。
  玉ねぎはみじん切りにする。

3、鍋にオリーブオイルを入れ、みじん切りにした玉ねぎと
  下味をつけておいた鶏肉を弱火で炒める。

4、玉ねぎが透き通ってきたら、米を洗わずに入れて炒める。
  (この間、底にくっついて焦がさないように注意!)

5、米につやが出るまで(全体にオイルがまわった状態まで)炒めたたら、
  コンソメスープをひたひたまで注ぎ、中火にして煮る。
   (材料がスープの表面から少し出ている状態)
  鍋の底が焦げつかないよう、木べらを使って、時々動かす。

6、スープがなくなってきたら、随時少しづつ足して、
  大体10~15分程度煮る。

7、米の芯がかすかに残っている(アルデンテ)状態になったら、
  豆腐を手で崩して入れ、その後にチーズと牛乳を加える。
  チーズが溶けこんだら味見をし、足りなければ塩を加える。

8、器に盛り付け、粗挽き黒胡椒を振り、好みのハーブや薬味を散らす。

  鍋ひとつで出来るお料理ですが、
  これが食べたいと、よく友達からリクエストされる一品。
  うまいです!




  
  
[PR]
by leilan | 2005-11-13 17:18 | 布哇食堂

気ままにB級グルメ『布哇食堂』 チキンのハーブソテー

b0048657_16135666.jpg



今日の布哇食堂は、鶏のもも肉をおいしく!

私が大変気に入っている焼き方をご紹介。
これは、おいしくて飽きのこない味です。
しかも、レストランっぽい感じに仕上がるの。

ポイントは下ごしらえ。

もも肉は火のとおりが均一になるように、
厚い部分に包丁を入れて開きにしておく。

鶏もも肉に塩こしょうをしてバットに乗せ、
レモン汁1個分
オリーブオイル適量(全体にかかるぐらい)

もも1枚に対して、
ローズマリー2枝、
ニンニク1カケ(薄くスライス)を入れ、

一晩(もしくは最低でも8時間以上)つけておく。
お好みで唐辛子もつけておくとちょっとスパイシーにもなる。

開いたもも肉の間にも、
ローズマリーやニンニクをはさんでおく。

こんな感じ。
b0048657_16223541.jpg











レモンの酸で鶏肉自体が柔らかくなり、
ニンニクやローズマリーの香りも付き、
ジューシーでとてもおいしくなる。
そして、以前紹介したダッチオーブンのスキレットで焼く。


b0048657_16365440.jpg











(なければ厚手のフライパンで)

カリカリの皮が好きだから、皮を下にして焼く。
ローズマリーもニンニクも一緒に。

そして、ここからがポイント。
鶏肉の上に別のフライパン等を置いて重しにし、
肉をつぶしてペタンコにして焼く。

こうすることで肉が締まって味もしまり、
うまみが凝縮している感じがする。
以前は普通に焼いていたのだが、
重しをするようになって、
こっちの方が断然美味しいと言うことを知った。

この方法は、確か日高良実がやっていたのを真似てみたのだった。

皮側がよく焼けたらひっくり返して、
また重しをのせて焼く。

(上の写真は借り物、下の大雑把な盛付が私めのですw)


b0048657_15561586.jpg


       ☆ローズマリーは栽培が楽なので育てると気軽に使えて便利です。
[PR]
by leilan | 2005-10-30 16:26 | 布哇食堂

気ままにB級グルメ『布哇食堂』 めかじき鮪のラビゴットソース・シチリア風

b0048657_6531379.jpg


安くて簡単が自慢の布哇食堂!
って、一人で作って一人で食べてるだけですが、
しかし、この一品は My Favorite !

題して、
『めかじき鮪のラビゴットソース シチリア風』

ブログに書くために急いで名前を付けたんだけど、
イタリアンにありそな感じでしょ?

作り方はいたって簡単!
簡単だけど、じつは凝ってるような錯覚を起こさせるので(笑)
超おすすめである。


まずは、ラビゴットソースから。

 たまねぎ      半玉
 トマト        一個
 パプリカ      半分
 イタリアンパセリ 適量

これをみじん切りにして混ぜる。

これに、

レモン汁  半個
醤油  大さじ半分
バルサミコ酢  大さじ半分
オリーブオイル 大さじ1
塩・こしょう  少々

を加えて混ぜる。

次に、メカジキマグロ(白身魚なら他のでも良い)に塩こしょうして、バターで焼く。

ついでに付け合わせ野菜なんかも入れて焼く(こうすると早い)
今日は、お客さまなので眼梶木(ホントはこんな字なんです)二枚。
b0048657_7111477.jpg











火が通ったら、盛りつけて、ラビゴットソースを乗せる。
さっぱりしていて、うまいです。
超お気に入りのレシピ。
どうぞ、お試しあれ。
[PR]
by leilan | 2005-10-03 08:03 | 布哇食堂

気ままにB級グルメ『布哇食堂』 塩豚

b0048657_7113819.jpgアメリカはお肉なんか塊で売ってるんですよね。それで、豚の塊肉を買ってくると塩豚にすることが多いです。

お好みの量の塩を肉の塊にすりこんで、ラップで包み、ジップロックの保存袋に入れて、
冷蔵庫に入れておくだけです。
しばらくすると、生ハムのようなちょっと熟成した感じになります。
b0048657_7122166.jpgそれを、シンプルに焼いて食べるのが好きですが、同じ塩・胡椒の味付けでも、買ってすぐのお肉をそのまま焼くものとはまた違った味わいで、私のお気に入りの一つ。

味を濃くしたものは小さく刻んで、チャーハンなどに入れてもいい。

長く保存したいときは塩はたっぷりめ。2~3日で食べきってしまう場合は、少なめです。

塩は、ハワイアンソルトやアンデスの岩塩を使ってますが、どっちもミネラルも豊富なんだとか。アンデスはちょっとシャープで、しっかりとした塩味なので、ハワイアンソルトよりは少なめに使います。

塩をまぶしたてと、寝かせたものでは、
写真でその違いが分かると思います。
生ハムみたいで、つややかな感じになります。

今回は塩豚でスープをとりました。
家にあった適当な野菜で、ブーケガルニもどきを作り、
沸騰させて、あくをとったら、弱火で煮込みます。

昨夜は、エシャロット、ねぎの青いところと、白いところ、
セロリの茎があったので、入れてみました。
ブーケガルニの入れ具合で、味が微妙に変わってくるので、
どんなスープになるのか、微妙な味がいつも愉しみです。
肉は、ゆで豚のような感じですから、スティック状に切って、
胡麻のソースで。 
やっぱり塩豚は便利!

b0048657_7131722.jpg塩豚にした残りは、今日はローストポークにしてみましょう。これまた、色々なやり方があります。鍋で作ったり、オーブンに入れたり、ハーブも色々、お肉の中ににんにくを詰めたり、外側にすりこんだり。

今日は鍋で作り、にんにくとローリエを使って白ワインで蒸しました。塊のお肉をローストしていると、なんだかご馳走という感じ。そのまま食べるのも良いですが、本日は味噌ベースのソースをちょっとつけて。

ということで、昼間から一杯ひっかけておりま~す。

みなさんもお試しあれ。
[PR]
by leilan | 2005-09-18 12:37 | 布哇食堂

気ままにB級グルメ『布哇食堂』 砂肝のフライ


コリコリとした歯ごたえの砂肝を調味料やハーブでマリネし、フライにする。マリネの状態なら冷蔵庫で3~4日は日持ちするので、あらかじめ仕込んでおけば食べるときは油で揚げるだけで済む。おいしさのポイントは、砂肝に小麦粉をまぶしたらそのまま5分ほど置くこと。砂肝の水分で粉をしっとりさせてから揚げることで、表面がカリッとした歯触りに仕上がる。揚げたてのあつあつをビールと。

b0048657_543793.jpg
材料

砂肝400 g
まいたけ1パック
ローズマリー2本(10㎝程度のもの)
にんにく1/2 片
赤ワイン小さじ2
塩、黒こしょう少々
サラダ油適量
小麦粉適宜

作り方

1、 砂肝は白く硬い皮があるので取り除く。
2、ローズマリーは葉を摘んでみじん切りにし、にんにくもみじん切りにする。
3、バットに2、塩、黒こしょう、赤ワインを混ぜて砂肝を漬け込み、マリネする。
   もむようにするとしみ込みやすい。
4、3に小麦粉をまぶし、5分くらい置いて小麦粉をしっとりさせる。
5、中温(約150 度)に熱した揚げ油に4の砂肝を入れ、1分くらいかけて表面
   が色づくまでカリッと揚げる。
6、お好みで、まいたけを素揚げにして添える。
[PR]
by leilan | 2005-05-12 05:50 | 布哇食堂

気ままにB級グルメ『布哇食堂』 トマトのブルスケッタ

1970年頃、赤坂TBS会館の地下グラナータで食べて以来、おかぼれしちまった一品。ドライな白ワインによく合います。グラナータは青春。


b0048657_14255822.jpg
材料

トマト1個
バゲットの薄切り5枚
バジルの葉2~3枚
にんにく1片
オリーブ油適量
ビネガー、塩、こしょう各適宜



作り方

1  トマトは横に半割りにし、種を除いてから、1㎝角の角切りにする。軽く塩をふり、しばらく置いて水分を出しておく。
2 バジルの葉を粗いざく切りにして1に加え、塩、こしょうで味を調え、オリーブ油とビネガーを加えてよく混ぜる。しばらく置いて味をなじませる。
3 バゲットを1㎝厚さに切ってこんがりトーストし、にんにくの切り口をこすりつけて香りを移す。
4 味がなじんだ2を、3に適量ずつのせる。

食感が大切なので、パンがしとらないうちに、すぐにテーブルへ。
[PR]
by leilan | 2005-05-08 12:30 | 布哇食堂


バッカスの神さまに愛されたい
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧