カテゴリ:秀句鑑賞( 61 )

『秀句鑑賞』  ねんねこの子の眼も沖を見てゐたり  

 ねんねこの子の眼も沖を見てゐたり  畠山譲二


ねんねこで背負われた幼い子。
その嬰児の目も、
子守の目と同じように、
はるかな沖を見ているようだ。

幼児にそんな遠方は見えるはずはないのであるが、
かわいい目を見ていると、
何かはるかなものを見ているような、
けがれのなさを感じてしまうのである。

「子の眼」に焦点をしぼりきったところが、
この句を成功させている。

(ねんねこ・冬)
[PR]
by leilan | 2005-11-08 14:27 | 秀句鑑賞


バッカスの神さまに愛されたい
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧