<   2004年 11月 ( 67 )   > この月の画像一覧

俳句  冷まじや朝刊テロル脅威論
   冷まじや朝刊テロル脅威論

きょうは大統領選挙。
この盛り上がりは、過去わたしにも経験がない。
しかもハワイはホノルル市長選も同時に行われているので、
市民は続々と投票所に足を運んでいる。

日本ではなじみの深いウォーリー与那嶺氏も、
今朝のラジオ放送で民主党への投票を呼びかけていた。
日系初の知事として有名なジョージ有吉氏が先だってリタイアされ、
こうした番組に出て来られなくなったのがいささか淋しい。

一昨日、ハワイ海兵隊所属の兵士8名がバグダッドで亡くなった。
わたしの友人知人にも戦場に行っている者が何人もいる。
朝日に手を合わして彼らの無事を祈る日が、きょうで582日め。

   流星やバグダッドより帰り来よ
[PR]
by leilan | 2004-11-03 13:11

大西宏氏:することが多くて、考えがまとまらなくなったとき
お人柄がしのばれる親身なアドバイス、ありがたく拝読させていただいた。

ではシンプルながら、わたしの指針をば(なんて、大したものじゃないです^^)

眼前に、やらなければならない事項が五つあったら、
先ず、やっかいなものから手を付ける。
これをやっつければ、残りの4つは勢いで片付く。

お粗末。
[PR]
by leilan | 2004-11-02 21:57

負けて勝つ、というじゃないかライブドア
Excite エキサイト : スポーツニュース

楽天の社長:1965年3月11日生れ。口と腹の違う人だ。言葉に偽りがある。しかし、調子に乗ると、言わなくてもいいことを言ってしまうのが社長の弱点。金勘定はなかなかうまい。

だが、こと金勘定に関してはライブドアの社長が一枚上で、あの人は根っからドライな商売人。計算高く、金で動くタイプ。(ライブドアの社長:1972年10月29日生れ)

人間万事塞翁が馬で、何が幸で何が不幸かは過ぎてみなければ判らないが、きょうの決定が、ライブドアの社長に幸となり、楽天の社長に不幸となることは断言できる。
[PR]
by leilan | 2004-11-02 21:10

俳句  濁り酒ひつくり返へる爺の声
   濁り酒ひつくり返へる爺の声

はじめて飲んだお酒はたぶんビールだと思う。
物心がついた頃には、すでに飲みはじめていたので、
最初に飲んだお酒がなんだったか、記憶にない。

夕餉時には、晩酌をする祖父と父の間にちんまり座っていた。
おとなたちの話が盛り上がってくればしめたもの。
そっと盗み酒をしていた。

そして、見つかっては祖母に叱られていた。
[PR]
by leilan | 2004-11-02 15:42

ブッシュとケリー/敗者を占う
Excite エキサイト : 国際ニュース

それにしても今回の選挙戦、なにか意味ある論争がなされ、アメリカという世界に冠たる力を持つ国の将来像が語られたのだろうか?

両者拮抗が伝えられるアメリカ大統領選挙。五黄の年は<現職不利>で、そのひそみに倣えば、ブッシュ落選ということになろう。

泣いても笑っても、残すところ後一日。
[PR]
by leilan | 2004-11-01 22:18

テロとの戦いに敗れたブッシュ
【転載】バグダッドの医師からのメール

志葉氏がBlogで紹介してくださったバグダッドからのレターは、
現在のイラクが置かれている情況を如実に物語っている。

先だってバグダッドから帰還した空軍特殊部隊に所属する友人によれば、

「このままではイラクで内戦が勃発する。イラクのリコンストラクションはほとんど手付かずの状態で、道路もライフラインも破壊されたままだ。イラク国民のフラストレーションは頂点に達している。とても危険な情況だ」

きょう、ハワイ州には副大統領のディック・チェイニーが大統領選挙の遊説に来ている。
これほどの大物がハワイに来る理由は、今回ここが激戦州の一つになっているからだ。

ハワイ州は圧倒的な民主党の地盤で、州民が共和党の候補者を選んだのは、
記憶にあるだけでニクソン、レーガンの二回だけである。
ハワイアン、アジア系移民とマイノリティの多いハワイ州は過去民主党を支持して来た。

しかし、2年前の知事選で40年ぶりに共和党知事が誕生。
ハワイの政治も大きな変革期を迎えている。
とくに、リンダ・リングル知事の民主党叩きは凄まじいばかりだ。
加えて、キリスト教右派が着々と勢力を拡大していることは注目に値する。

現在のイラク情勢を見れば、ブッシュはテロとの戦いに敗れたと言わざるを得ない。

報復は新たな報復を呼ぶという現実から、ハワイ州民は学ばなくてはならないだろう。
[PR]
by leilan | 2004-11-01 06:18

俳句  呵呵呵呵と出窓のかぼちや笑ひけり
   呵呵呵呵と出窓のかぼちや笑ひけり

   月夜茸男ひそかに化粧する

   ハロウィンの水子の微笑はびこりて


10月31日(アメリカ時間)のきょうはハロウィン。
この日はオール・セインツ・デー(万聖節)の前夜祭で、
アメリカ年中行事の一つになっている。
本来は死者の魂を慰める中世ヨーロッパの祭りであるが、
アメリカ新大陸に渡っていつしか宗教色が薄れ、
ハロウィンは楽しい子供の行事となった。

子供たちは思い思いの装いをこらしお化けや魔女に扮して、
家々の門をたたいて回る。

「トリック・オア・トリート トリック・オア・トリート・・」
お菓子を下さい。くれなければいたずらしちゃうよ。

ハロウィンの夜には、どこの家でも、
キャンディーやチョコレートをたくさん用意して待っている。

わたしも「きのこの山(ハワイアン・バージョン)」を山ほど用意して準備万端だ。
隣家のハワイ大学の青年はお相撲さんの仮装用ハリボテ(まんじゅう)を用意。
昨夜はこの白人の青年に「どすこい」という日本語と四股の踏み方を伝授した。
ついでに四股名は「マハロ灘」と命名した。

悪友のジンバブエ・ベア子は愛犬キャスパーの仮装準備に余念がない。
ことしはバレリーナのアンナ・パブロワで行く! と張り切っていた。
ご当人はそのまんまでも十分お化けなのだが、魅惑の踊り子に扮するようだ(恐

アラモアナのハロウィン・ショップには仮装用のさまざま衣裳、
お面、帽子、化粧用の絵具など満載で、ずいぶんと商売になるようだ。
こうした道具類のほとんどは中国、タイ、フィリピン製である。
この祭りが何かをおそらくは知らないアジアの労働者たちの手で、
おびただしい数の品物が作られ、船積みされ、アメリカの子供たちの手に届く。

しかし、楽しいはずのハロウィンにも、問題がないわけではない。
何年も前、子供が受け取ったキャンディーの中から針が見つかるという事件が発生した。
最近は聞かないものの、親は神経質にならざるを得ない。
どこかに誰か、こころの病んだ人がいる。

訪れる子供たちも、よく見ると背後に親が立ってそれとなく見守っている。
広告のチラシに「行方知らず」の子供の顔写真が貼り出されるこの国では、
ハロウィンの夜に子供を外に出すにも、それなりのリスクがある。

ハロウィンが終ると感謝祭。そしてクリスマスと続く。
[PR]
by leilan | 2004-11-01 05:32


バッカスの神さまに愛されたい
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧